きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大湯温泉 ホテル湯元
平成24年3月31日(土)
新潟県魚沼市大湯温泉300にある伊東園ホテルグループのホテル湯元に泊ってきました。
伊東園ホテルグループはなんといっても365日いつでも一泊二食付き7800円という料金が魅力です(2人で食事は朝夕バイキングの場合)
しかも90分飲み放題付きということで飲兵衛には嬉しい料金設定です

チェックインは15時とのことでしたがお部屋の準備ができていれば早くても入れるようです。
チェックアウトが12時というのもありがたいです。

宿に到着したのは14時15分。
部屋の準備ができているらしくフロントで宿泊料金を支払い館内の説明を受けてから鍵をもらいお部屋へ。
料金を安く抑えるため仲居さんはいなく部屋にはお布団が既に敷いてあります。
変に気を使わなくてこれはこれでありがたいですね。

冷蔵庫は空で持込した飲み物を入れておけるのでありがたいです。

P4010107.jpg   部屋

一休みしてさっそくお風呂。
男性と女性のお風呂が夜中に入替になります。

当日男性用内湯だったのが左の写真、翌日は右の写真。
大きさが全然違います。
しかも広いほうには薬湯の浴槽もありました。

P4010097.jpg   内湯

露天風呂の大きさも違います。

P4010099.jpg   P4010094.jpg

そして今回ここに泊ることにしたのは広いほうの露天風呂の奥にあるもう一つの露天風呂が出逢いの湯「陽炎」という混浴露天風呂であるとのことなのでその実態を確かめるため。

小さいほうの露天風呂にはかんぬきを外すと扉が開いてその陽炎という出逢いの湯に入れる仕組み。
しかし今回はかんぬきを外してもしっかり鍵がかかっていて入ることはできず。

大きい方の露天風呂から行って見ましたが出逢いの湯までの通路の除雪はしてなく掃除もしてないため入ることはできませんでした。
これが冬場だけなのか夏でも入れないのかはたして真相はいかに

P3310046.jpg   P4010067.jpg

食事は夕食、朝食ともにバイキング。
しかも安い酒なんでしょうが飲み放題
好き嫌いのある方は好きなものを好きなだけ食べれるのでいいのでしょうがやはり温泉宿では懐石料理が食べたいですね

夕食   朝食

今回は春休みで子供たちも多勢いましたが卓球台やゲームコーナーもあって楽しそうでした。
家族で気軽に温泉を楽しむにはいいところかもしれませんね。

025-795-2221
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こら~
だれですか男女の仕切りを開けようとするのは
で、やはり駄目でしたか鍵…‥が、開けた~い

料理も料金並の感じですかね、そして仲居さんがいないので放任はいいですね

えっまた!お着き菓子が二つ、こら~だ
2012/04/07(土) 12:26:09 | URL | あき爺 #ZtyhQPTk[ 編集]
飲み放題がいいですね!!
でも、飲みすぎには注意ですね。
2012/04/08(日) 07:40:32 | URL | ユーアイネットショップ店長ウチマル #-[ 編集]
Re: こら~
あき爺さん、一緒に入っていた若者3人も必死で開けようとしていましたがだめでした(^^)
夏場は入れるようになるのかな?
仲居さんがいなくても全然かまわないですね。
お着きのお菓子は3種類あってなかなか良かったですよ。
2012/04/08(日) 08:21:44 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うちまるさん、貧乏性なのでついつい飲みすぎてしまうんですよね~(^^)
2012/04/08(日) 08:23:36 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/765-94d5f9ad
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。