きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栃木、福島の歩いて行く温泉と秘湯の宿10日間の旅その5
平成22年9月9日(木)
台風も過ぎ去り今日は爽やかに晴れました。
大出館で「とちぎにごり湯の会」の公式ガイドブックを300円で購入し10時にチェックアウト。
このガイドブックには栃木県のにごり湯の施設、旅館が35軒加盟していてどこも300円引きで入ることができます。
有効期限は2011年12月31日まで。

このガイドブックを使用してまずは新湯温泉の「湯荘白樺」へ。
通常の入浴料が500円ですが300円引きで200円
混浴露天風呂と男女別の内湯があります。
一軒に入れば元はすぐ取れますのでお得です。

次は元湯に戻って「ゑびすや」
ここも通常の入浴料が500円なので300円引きで200円
混浴内湯と女性専用の内湯があり、めずらしい間欠泉の弘法の湯と塩原最古の湯と言われる梶原の湯があります。
梶原の湯はぬるめでゆっくり入れます。

湯荘白樺   えびすや



今宵の宿は今回の旅の中で一番宿泊料金が高い宿で那須の一番奥にある大丸温泉旅館
日本秘湯を守る会の宿で守る会の栃木県の会長をしている宿です。

チェックインが14時からなのでさっさと入ってゆっくりすることにしました。

那須へ向かう途中で見つけたカレー屋さんで昼食。
国道からちょっと入ったところにある「森のカレー屋さん ぱくぱく」です。
那須高原野菜と挽き肉のカレー(1450円)をいただきました。
なかなか良い雰囲気で美味しかったです。

P9090052.jpg   P9090051.jpg

買い物をして宿に着いたのは13時50分。
既にチェックインを待っているお客様が2組いらっしゃいました。

外観   P9090054.jpg

部屋は8畳和室でアメニティも充実しています。
冷蔵庫も持ち込みした飲み物が十分入ります。

部屋からの景色が素晴らしく夜は寝ながら満天の星が見れました。

部屋   P9100002.jpg

一休みして早速お風呂。
日帰りのお客様もまだ入っている時間帯だったのでけっこう人が入っていましたが日帰り時間が過ぎると静かになりました。

川がそのまま混浴露天風呂となっていて3段になってます。
一番上に女性専用露天風呂があるみたいです。

P9090062.jpg   P9090065.jpg

その他に男女別内湯、貸切内湯があります。
貸切内湯は無料で空いていればいつでも無料で入れます。

お湯は無色透明の単純泉で、ここの温泉は那須御用邸にも引き湯されているみたいです。
天皇陛下も同じ温泉に入っているのかと思うと感極まります

IMGP1903.jpg   P9100001.jpg

夕食、朝食は専用の個室でいただきます。
ここはタイミングよく一品一品運ばれてきます。
味付けもよく量も私にはちょっと多いかなっていう感じでとても満足できました。
さすがに高いだけのことはあるかなっていう感じです。

夕食   P9100003.jpg

0570-048-489

おひとりさまプラン 19150円(税込み)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/26(日) 17:36:59 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
混浴露天風呂ではタオル巻きをして入って下さいというところもありますからそれぞれの場所でのルールで入ればいいと思いますよ。
特に決まりがないところでは女性のバスタオル巻きはいいと思いますけどね。

撮影にしてもそれなりの苦労と配慮をしています。
もちろん撮影禁止のところではしていません。
2010/09/26(日) 18:44:28 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/698-5430583e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。