きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尻焼温泉 関晴館別館
平成21年3月20日(金)~22日(日)
群馬県吾妻郡六合村入山1539 にある尻焼温泉関晴館別館に連泊してのんびり温泉を満喫してきました。

宿にチェックインする前に温泉本で草津温泉に立ち寄り
おじゃましたのは桐島屋旅館さん。
宿のご主人が温泉の入り方を指導してくださいました

P3200010.jpg   P3200003.jpg

そして有名な西の河原露天風呂
大きくて気持ちがいいですね~

西の川原4枚   西の河原男

そして宿に到着したのは16時30分。
宿の玄関には綺麗なドライフラワーが飾ってありました。
日帰り入浴は12時30分から16時までで500円で入れるようです。

P3210069.jpg   P3200023.jpg

部屋は10畳の川側のお部屋。
2泊分のアメニティが用意されていました。
トイレと洗面所は一緒になっていましたが別々のほうがいいと思いますね。

部屋4枚   P3210050.jpg

お風呂は22時で男女が入れ替わります。
まずはチェックインの時の男性側。
内湯から出てすぐのところに露天風呂があります。
内湯も女性側と比べると少し大きいです。

P3210064.jpg   P3210065.jpg

次に女性側。
露天風呂は内湯を出て階段を降りて行き川のすぐ側にあります。
私が泊まった部屋から少し露天風呂が見えたので気になってしょうがありませんでした

P3210055.jpg   P3210058.jpg

そして小さいながらも総檜作りの貸切風呂が2個あります。
もう少し大きければいいと思いましたね。

休憩所にはマッサージ機とビール、ジュースの自販機、カップヌードルの自販機がありました。
ビールは350ccの缶が300円と山の中にしては良心的な金額でした。

P3210052.jpg   P3210051.jpg

夕食は部屋食。
味噌汁やデザートまで御膳で一気に運ばれてきます。
せめて味噌汁だけでも最後に温かいのを飲みたいもんですね。
内容的には一泊二食付きで税込み10650円なので満足できると思います。
舞茸はフライよりも揚げたての天ぷらがいいな~

朝食は食事処でみなさんと一緒にいただきます。

P3200047.jpg   P3210061.jpg

味噌汁のお代わり自由なのとコーヒーがサービスなのも嬉しいです。

P3210063.jpg   P3210062.jpg

2日目の夕食は鍋が出てお腹一杯になりました。
3日目の朝は舞茸の炊き込みご飯でした。
これは美味かった。

P3210082.jpg   P3220084.jpg

2日目は快晴に恵まれたので宿でおにぎり弁当を作ってもらい川底からブクブクお湯が湧き出て川全体が湯船になっている河原の露天風呂でのんびり飲みながらのスローライフを楽しました。
このまったり感が連泊のいいところですよね~

P3210072.jpg   P3210078.jpg

この時期川はちょっと温めなのですぐ横にはちゃんとした湯船の共同湯もありますがここは水着禁止です。

P3210079.jpg   P3210076.jpg

最終日、チェックアウトしてから小布施で栗おこわをいただき地獄谷温泉に立ち寄りお猿さんを見て帰りました。

P3220093.jpg   P3220116.jpg

関晴館別館

日本秘湯を守る会の宿

0279-95-5121
一泊二食付き10650円~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
でました
やった!
出ましたね!!

万歳のポーズ。

いかにいい温泉かよく分かります。

あ~私も行ってみたい(^_^;)
2009/03/29(日) 08:34:35 | URL | ユーアイネットショップ店長うちまる #-[ 編集]
Re: でました
ほんとに気持ち良い温泉でしたi-186
2009/03/31(火) 21:22:13 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/619-45ec3563
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。