きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新穂高温泉の某温泉宿と湯めぐり
平成20年8月23日(土)
岐阜県高山市新穂高温泉の某温泉宿に温泉仲間と泊まってきました。

集合が15時だったので私は朝7時に自宅をでて全国127箇所の温泉施設に無料で入ることができる「温泉博士」という月刊誌のパスポートを使って湯めぐりです。

まずは朝8時30分から入れる平湯バスターミナル内にある「アルプス街道平湯」へ

P8240116.jpg     P8240119.jpg

平湯らしい赤茶けたお湯はよく暖まります。
通常の入浴料は600円
本が450円だからここだけで元が取れちゃいます\(^o^)/
露天風呂からの眺めは素晴らしいです。
女性用は反対だからどうなのかな?

P8230001.jpg   P8230008.jpg

P8230010.jpg   P8230006.jpg

次は安房トンネルを通ると750円かかるのでトンネルを通らず峠越えで白骨温泉「泡の湯」へ
ここでお友達カップルと合流です。
通常入浴料1000円が無料です。

P8230013.jpg    P8240118.jpg

いろいろ問題にはなりましたがやはり硫化水素臭たっぷりの白いお湯はいかにも温泉という感じがします。
夏なのに出るときは寒いくらいで内湯で暖まってから上がりました。

P8230014.jpg   P8230016.jpg

次は乗鞍高原温泉協会さんが無料開放してくれている「せせらぎの湯」へ
いつもながら感謝の入浴です。

P8230020.jpg   P8230017.jpg

温泉に入ってお腹もすいたところでお蕎麦でもということでお蕎麦を食べに。
かなりの人気店で次から次とお客さんが来られます。
とろろ蕎麦900円をいただきました。
こしのあるお蕎麦はしゅるしゅる~と入ってしまいました。
を飲みたいところですがじっと我慢です

P8230023.jpg   P8230024.jpg

帰りも峠を越えて時間があったので栃尾温泉「みなみ荘」へ
入浴料500円です。
こじんまりと少人数で行くのには静かでいいところです。
BBQをしながらここでのんびりするのもいいですね。
画像右の右側の小屋でBBQができます。

P8230025.jpg   P8230028.jpg

露天風呂からの景色も良好。
混浴で顔もにやけています

P8230031.jpg   南荘入浴400


出てから集合場所へ。
宿にチェックインして皆で中尾キャンプ場へ。
森の中の混浴露天風呂は森林浴と相まってストレス発散には最適ですね。
ここでやっとが飲めました

P8230035.jpg   P8230033.jpg

宿の様子は私のブログの今年5月の記録をみてください。

今回の料理です。
料金は驚くほど安いですがここでは勘弁願います。
お酒の持ち込みOKというのが粋な計らいです。
右は朝食です。

夕食後は夜中3時まで盛り上がりました

夕食   P8240074.jpg

チェックアウトしてから皆で「新穂高の湯」へ
ここも温くて長湯にはぴったりですね。
橋の上からは丸見えですけどね
入浴料は寸志です。

P8240082.jpg   P8240083.jpg

そして昨日は団体さんがいて入れなかった中尾の「山本館」へ
ここも静かで穴場的存在ですね。
入浴料500円

P8240109.jpg   P8240102.jpg

P8240099.jpg   P8240097.jpg

そして今回の湯めぐりの〆はお風呂を無料開放していただいている「シャーレ穂高」さんへ。
この露天風呂が無料で入れるんです。
ほんとに感謝です。
一度は泊まりに行かないとね。

P8240113.jpg   シャレー穂高露天風呂640














スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今回も
いや~今回の露天風呂もなんてともいえないくらい綺麗ですし眺めも良さそう!

さぞかしビールが゜美味しかったでしょう(笑)
2008/08/29(金) 06:44:23 | URL | ユーアイネットショップ店長うちまる #-[ 編集]
はい。
景色もいいし、無料で入れるというのもありがたいです。
ビールも美味かった(^^♪
2008/08/29(金) 22:39:56 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/580-a65d4a6d
この記事へのトラックバック
周囲を山々に囲まれた人里離れた場所にあり、乳白色の湯として全国的にその名を知られた温泉地です。その昔から「白骨の湯に三日入ると三年は風邪をひかない」と言い伝えられています。近隣には景勝地・上高地や、高原リゾーとして人気のある乗鞍高原があり、四季を通して...
2008/08/28(木) 12:14:21 | 温泉生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。