きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥黒部峡谷の温泉その1 阿曽原温泉
平成20年8月2日(土)晴れ
富山県黒部市の黒部峡谷の奥にある阿曽原温泉に泊まってきました。

朝一番の7時32分発の黒部峡谷鉄道のトロッコ電車に乗って約80分で終点の欅平に到着です。

峡谷鉄道駅   P8020008.jpg

トロッコ   欅平

ここからまずは急な坂を1時間登ると水平歩道に出ます。

P8020021.jpg   P8020025.jpg

ここから断崖絶壁の水平歩道を10キロちょっとの歩きです。
高所恐怖症の方は下を見ないように(^^)

P8020030.jpg   P8020050.jpg

志合谷の雪渓の中のトンネルはまさに天然のクーラー。
水も冷たくて生き返ります。

P8020058.jpg   P8020063.jpg

写真を撮りながら、途中の食事休憩をして5時間30分、要約阿曽原温泉小屋が見えました。
橋を渡れば到着です。

P8020098.jpg   P8020099.jpg

歩き始めて5時間50分、14時50分ついに到着です。

P8020107.jpg   P8020109.jpg

受付で料金を支払い自動販売機でキンキンに冷えたビールで乾杯
たまりましぇ~ん
ちなみに500ccの缶は700円です。

P8020112.jpg   P8020118.jpg

部屋は12畳で今回はここに6人と余裕で寝ることができそうです。
紅葉の込み合う時は1畳に2人はあたりまえみたいです。

P8020113.jpg   P8020115.jpg

一息ついたところで汗を流しに早速露天風呂へ。
宿から歩いて10分くらいのところにコンクリートで無造作に作られた露天風呂があります。
画像のように男女1時間ごとの交代ですが20時以降と朝は混浴です。

P8020110.jpg   P8020124.jpg

源泉温度が熱いので冷たい沢水を混ぜています。
白い湯ノ花が浮遊し硫黄臭のするいかにも温泉っていう感じです。
冷たい沢水を足にかけてほてった足を冷やします。
大自然の中の露天風呂はほんとに気持ちがいいですね~
歩いてきた疲れも吹き飛びます

P8020125.jpg   P8020128.jpg

夕食は18時からと山小屋にしては遅いですね。
阿曽原温泉といえばカレーライスが有名みたいですがなかなかどうして、熱々の天ぷらとソーメンがなんともいえない美味しい食事でした。

P8020131.jpg   P8020132.jpg

朝食も朝6時からと遅いです。
お変わり自由な味噌汁でご飯を流し込みます。
トイレも洋式の水洗で綺麗で快適でした。

P8030143.jpg   P8030148.jpg

一泊二食付き8500円
昼弁当800円
0765-62-1148






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いや~
夏場でしかいけない温泉ですね!
すごい!

でも、心も気持ちも洗われそうで
とってもいいですね!!!
2008/08/17(日) 08:46:31 | URL | ユーアイネットショップ店長うちまる #-[ 編集]
最高です。
汗をかいて苦労して登ったあとのビールと温泉はなんともいえませんね(^^♪
2008/08/17(日) 13:41:31 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/575-fcbda597
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。