きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出湯温泉 清廣館
平成20年4月21日(月)
新潟県阿賀野市出湯802番地の出湯温泉清廣館に泊まりました。
今回は平日ということで全館貸切でした(^^)

出湯温泉は開湯1200年余りの歴史があると言われその中でも清廣館は創業300年ということで
日本秘湯を守る会の会員宿になっています。

昭和3年に建替えされたという木造3階建ての建物はとても良い風情をかもし出しています。
部屋の手すりもなんとも言えない雰囲気です。
廊下にある冷蔵庫には冷水が入っていました。
部屋にはトイレはありませんが共同トイレはシャワートイレになってます。

P4220388.jpg   部屋4枚


一服したら早速お風呂に。
今回男性は檜風呂になっていました。
女性用は普通のお風呂でした。

宿の向かいにある華報寺共同浴場は200円で入れるため地元の人がひっきりなしに入りにきていらっしゃいました。

お風呂4枚   P4210360.jpg


食事は海の幸、山の幸がいっぱいで満足です。
山菜の天ぷらはほんと美味しいですね。
山菜に隠れて見えませんが下には鮎の天ぷらも隠れています。

朝食もコーヒーがあり満足です。
味噌汁の横にあるのは白くてわかりませんが自然薯のとろろです。

P4210374.jpg   P4220396.jpg


チェックアウトしたあとは宿から3分くらいのところで営業しているスィーツのお店でお土産をいただきました。

P4220411.jpg   P4220412.jpg


0250-62-3833
一泊二食付き(税込み)9600円~ 
1人の場合は1000円増しのため今回は11700円でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/559-a0d9bc8c
この記事へのトラックバック
新潟県阿賀野市にあり、809年に弘法大師が開湯したという言い伝えが残る温泉地です。現在の華報寺共同浴場では、当時の湯が今もなお利用されています。皮膚病に効果があると言われ、アトピーの治療に多くの人が訪れています。
2008/06/26(木) 13:42:05 | 温泉生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。