きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南東北秘湯の宿めぐり十日目、最終日
平成19年9月23日(日)
曇りで少し肌寒いものの雨は降っていません。
チェックアウトしてから今回の旅で初めての観光をしに下郷町の「大内宿」へ。
ここは江戸時代の宿場の面影を今もそのままに残している貴重なところらしいです。

IMGP9335.jpg IMGP9332.jpg


が、私たちの目的はねぎ一本で食べる三澤屋の「高遠蕎麦」
早くから順番待ちの列ができるということでTさんに先回りしていただき18番目の番号札をゲット。
おかげで待たずに食べることができました。
栃もちはボリューム満点です。
岩魚サンドはなかなか美味しそうでした。

IMGP9329.jpg 20071028081544.jpg


しばし散策して湯野上温泉旅館新湯へ。
混浴露天風呂に以前はなかった屋根ができていました。
これなら雨の日や陽射しが強い夏はいいですね。

IMG_3742.jpg IMGP9340.jpg


のんびりくつろいで今宵の宿玉梨温泉恵比寿屋に到着は16時。
日帰りのつもりだったTさんもチベた~いニャマの誘惑に負けて泊まることに
予約していた部屋に4人はきついということで2部屋にしてもらいました。
冷蔵庫は持ち込みした飲み物をいれることができるタイプです。

IMGP9343.jpg 20071028084044.jpg


一服してとりあえず宿のとなりにある八町温泉共同湯へ。
混浴ですが脱衣場は男女別にあります。
ここはお湯の温度が低くなったのでお向かいの玉梨温泉との混合泉です。
鉄分を含むお湯はすごく暖まります。

IMGP9410.jpg IMGP9409.jpg


次の朝に行った玉梨温泉の共同湯です。
ここは男女別。
ここのお湯はけっこう熱かったです。
どちらも寸志で入ることができます。

IMGP9354.jpg IMGP9391.jpg


戻ってきてから宿の風呂へ。
内湯とそこから続く露天風呂があります。

IMGP9411.jpg IMGP9417.jpg


そして川沿いに「木風呂三兄弟」と名づけられた露天風呂があります。
こちらは札による貸切制です。
対岸から丸見えなのでいつ行っても入れました(^^)

IMGP9383.jpg IMGP9385.jpg



IMGP9376.jpg IMGP9380.jpg


風呂上りはチベた~いニャマで乾杯
夕食には今回の旅で初めてお品書きがありました。

NEC_0094.jpg IMGP9356.jpg


夕食、朝食ともに食事処でいただきました。
飲んだ次の日におかゆが出るのはありがたいですね。

20071028084546.jpg IMGP9418.jpg


福島県大沼郡金山町玉梨横井戸2786-1
一泊二食付き税込み10650円
0241-54-2211
日本秘湯を守る会の宿

長いようで短かった旅も今日でおしまい。
10時にチェックアウトして方向が違うMさんと別れTさん、Sさんと季節限定露天風呂がある大塩温泉へ巡回に。
やっぱりお湯は出ていませんでした。
たつみ荘でコーヒーをいただいてしばし歓談したあと過熱されていない源泉そのままの共同湯に入り今回の旅の締めくくりをしました。
来年もまたここに入りにきたいな~

IMGP9423.jpg IMGP9424.jpg


IMGP9426.jpg IMGP9431.jpg


今回入ったお風呂は宿泊した宿の10軒を入れて42湯。
総走行距離1757キロ
燃費は17.7km/Lで消費したガソリン約99L
リッター136円換算で燃料代は約13500円
高速代は行くときに魚津から新潟西までの3400円
宿代が103000円
その他もろもろの食事代、酒代、お土産代が約40000円
合計約16万円の旅でした。
おけげでスタンプ帖が2冊満杯に\(^o^)/
2泊の無料ご招待をゲットできたので14000円の琢秀と12000円の水戸屋に泊まるとしたら
26000円の還元で実質134000円の出費ということになりますね。

20071028203140.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/528-75a8e39e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。