きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白骨温泉「泡の湯」
平成18年4月15日(土)
長野県松本市安曇白骨温泉の泡の湯に会社の同僚4人と恒例の宝くじお披露目会に行って来ました。

今回は会社の取引先でもある「泡の湯」さんを担当する松本支社の方が社内の○得情報に載せた5000円割引券を使用させていただきましたが宿の方から「今回は本館での予約を承っていましたが新館に空きができたので同じ料金で新館の方へ案内させていただいますがどうでか?」
と聞かれ即座にOKしました。
本館に5000円引き券を使って11700円で予約していたので新館に同じ料金だと半額以下になっちゃいます\(^o^)/
浴衣も2枚、バス、トイレ付きの10畳+広縁付きの部屋でした。

宝くじの方は残念ながら今回も惨敗でした(>_<)
20060423075048.jpg IMGP9111.jpg


ここの露天風呂は日帰りだとごった返し撮影が禁止されていますので15時から入れるということですぐに露天風呂へ。
流石に誰もいなかったので写真を撮らせていただきました。
到着したときは上の画像ですが帰りは下のようにすっかり雪に覆われてしまいました。
露天風呂には熱交換して加熱されたお湯が出ていて出ている近くにいればそんなに温くはありません。

内湯には源泉浴槽と加熱浴槽、内湯から続く男女別露天風呂がありす。
源泉浴槽に入っていると体中に泡がまとわりつきなんともいえません。
露天風呂よりも内湯の源泉浴槽がほんとの「泡の湯」ですね。
20060423075325.jpg 20060423075357.jpg

食事は専用の個室でいただきますがこの個室が男4人ではちょっと狭く今回の唯一不満に思ったところです。
IMGP9128.jpg IMGP9112.jpg

夕食です。
食前酒はなかったけどお姉さんがいつも言っているようにお酒を飲む人はお金を出してでも好きなお酒を頼めばいいけど飲めない人にとっては食前酒が料金の中に入っているのは許せない!
こういう意見を取り入れているのでしょうかね~

岩魚が最後に出るというのもなんだか変な感じですが量、味にも満足できました。
最後は蕎麦で〆ましたがもちろんこの他にご飯が食べれる人はたべてもいいです。
私達はお腹がいっぱいになったので頼みませんでした。
20060423075647.jpg 20060423075700.jpg


館内にはインターネットができるパソコン、卓球台もあります。
IMGP9130.jpg IMGP9131.jpg

お風呂への通路には冷水もあり部屋には夜食も用意してありました。
IMGP9136.jpg IMGP9132.jpg

朝食も豪華です。
温泉で炊いたお粥は飲んだ朝にはいいですね。
イチゴとクリームチーズのムースのデザートも最後にでました。
野沢菜油いため、野沢菜わさび漬け、しばきくらげの3品のトッピングは好きなだけ食べれます。
牛乳、トマトジュース、ぶどうジュース、飲むヨーグルトは飲み放題。

IMGP9145.jpg IMGP9146.jpg


IMGP9147.jpg IMGP9156.jpg


食後にはコーヒーと一口のケーキがサービスです。
そしてチェックアウトの時には卓上カレンダーと飴玉をお土産にいただきました。

これが普通に26000円を払っていればそんなもんかなってところですが11700円で泊まれたのでほんとにありがたかったです。
これからも会社の○得情報は逃さないようにしないといけないな(^^)
IMGP9157.jpg IMGP9160.jpg


0263-93-2101
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/381-f7e6a5bc
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。