きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬師温泉「旅籠」
平成17年6月4日
群馬県吾妻郡吾妻町のかやぶきの郷 薬師温泉「旅籠」に行ってきました。
日本秘湯を守る会の宿です。
ここは今、第2期の工事中で宿泊施設は「やすらぎ館」という露天風呂付き客室の8部屋しかなく週末の予約はなかなか難しいかもしれませんが10月には新しい宿泊施設ができるみたいですからできれば予約もしやすくなると思います。

「やすらぎ館」は1階よりも2階の方が景色がいいので1000円高く今回休前日ということで1泊2食付きで22050円でした。
20050607061822.jpg

薬師長屋門から本陣と呼ばれる管理棟までは全国から集められた2万本の枕木使用した枕木街道を説明を受けながら5分ほど歩きます。
タイムスリップしたような風景です。
 
本陣と夕食処の濱田邸です。
 
本陣の中には大きな囲炉裏がありそこでまずは昆布茶とたまり漬けでおもてなしです。
 
一服したあと部屋に案内されます。
部屋は8畳と10畳の2間で古民具が飾られていて落ち着いた雰囲気がいいです。
女性には華やかな浴衣が用意されアメニティも充実しています。
 
部屋の露天風呂と2種類用意されたお着き菓子です。
ポットは沸くポット、冷蔵庫も大きめサイズで冷凍庫付きです。
露天風呂は窓を開放すると気持ちが良かったです。
 
一休みしたら早速お風呂です。
滝見の湯は今は男女別で24時間入れ夜中に男女が入れ替わります。
滝に近かい方が開放感があって良かったです。
洗い場が7つしかないので食事前はちょっと混み合いました。
 
お風呂に入った後はいよいよ食事です。
夕食は人間国宝の陶芸家「濱田庄司、晋作」親子が居宅として自ら建築した「濱田邸」でいただく囲炉裏懐石です。
私達は個室でいただきました。
20050607200033.jpg

左は食前酒のあんず酒、先付の無花果とうるい、前菜の鮑と茄子とエシャレットと南高梅と合鴨ロース煮です。
右は御椀の鱧と丘ひじきとしめじと白髪葱です。
 
左はお造りの平政と姫鱒と蒟蒻と湯葉です。
右は岩魚の塩焼きです。
岩魚は囲炉裏でじっくり焼くので頭までパリパリで美味しいです。
 
左は籠盛りの眞菰筍と舞茸とえのき茸のホイル包みと薩摩芋と地野菜と猪フランクと風雷鶏です。
右は煮物の和風蟹しゅうまいと加茂茄子です。
 
左は主采の2人前の牡丹鍋で中に上州うどんが入っています。
右は鍋の出汁で作った雑炊です。
満腹のはずなのに別腹なのか食べれるもんですね~
地鶏の生卵を2個頼みましたが御代は請求されていませんでした。
 
左はフルーツのメロンとオレンジとチェリーと甘味のぜんざいです。
右は夜食にとサービスで付いたチマキです。
 
朝食は出羽の国から移築された紺野家でいただきます。
地鶏の卵ととろろはとても美味しいです。
朝食でその宿の良し悪しが決まるとも言われますがその通りだと思います。
20050607200520.jpg

食事の後は工事中で迷惑をかけているといことでコーヒーがサービスされました。
右はもう一つの男女別お風呂の「郷の湯」です。
ここに入るには入り口で暗証番号を打ち込みます。
見物客も多く訪れていますので宿泊客にだけ教えられています。
ここは温泉ではなく薬湯です。

この他に滝見の湯の横に小さな貸切の内湯もあるみたいですが入りませんでした。
 
本陣前での記念撮影です。
20050607205904.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本の原風景
最近藁葺きの屋根なんかトンと見なくなりましたよねぇ。たまーに山の中を車で走っている時に見掛けるくらいでねぇ。
いい宿(温泉)ですね。加賀百万石時代村や京都太秦映画村を思い浮かべました。
私事ですが、私の田舎の本家も私が働き始める頃までは藁葺きで、里帰りする度にのんびりしに行った記憶があります。
やっぱりこんな家や風景は落ち着きますね。日本人なんですかね...
時間やお金が許すなら、長期滞在したい感じです。
2005/06/07(火) 08:38:58 | URL | カンテツ #-[ 編集]
茅葺き
カンテツさん、おはようございます。本家が茅葺ですかぁ~歳食うと茅葺に憧れるけど子供の頃はトイレがボットンだったり別棟にあって夜中トイレ行くのが怖かったりしたんじゃないですか~?
茅葺は五箇山や白川にいっぱいありますね!ついでに化石もいっぱいありそうですね(笑)
ところで化石探しに岩間温泉にいらしてくださいよぉー
お金は許すけど、相変わらず時間がないのでしょうかね?
2005/06/07(火) 08:54:24 | URL | お姉さん #-[ 編集]
お食事
う~ん、旅籠のお料理いいですね~美味しそうですね~やはりお品書きのあるお宿は記録を残す時にすっごくありがたいですね。その時に説明受けて「なるほど~」と納得しても寝たら忘れるし(笑)
牛や豚の鍋より牡丹鍋や猪鍋のほうがおじやにするとどうしてあんなに美味しいんでしょう?私も早く牡丹鍋のおじや食べたいけど、これって夏場も鍋なのかな~???
デザートにぜんざいが付くのも、夜食にちまきが出るもの私向きで好きだな~
早く行きたいな…待てるかな…・・・( ̄  ̄;) うーん
2005/06/07(火) 21:00:18 | URL | お姉さん #-[ 編集]
カンテツさん、こんばんは。
茅葺の家は天井が高くて圧迫感がないし木の温もりが伝わってくるから気持ちが落ち着くのかもしれませんね。

お姉さん、ほんとお品書きがあると助かりますね。
いきたい気持ちをここはぐっとこらえて我慢して待っててね~
2005/06/07(火) 21:21:09 | URL | きよちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/240-63984122
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。