きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自遊人パスポートでの湯めぐり
平成17年5月29日
自遊人パスポートの期限がせまってきたので富山からそう遠くない長野県の白骨温泉「泡の湯」、岐阜県の平湯温泉「ひらゆの森」、新穂高温泉「佳留萱山荘」に入りついでに「新穂高の湯」にもゆっくり浸かってきました。
今回は脱いだり着たりするのに便利な浴衣マンとなって行きました。
パンツもはいていません(^^)
まずは入浴時間が10時30分から13時30分と短い白骨温泉「泡の湯」に行きました。
白濁したお湯なのでたくさんの女性も気軽に入っていました。
通常の入浴料は1000円
20050531060451.jpg


次に向ったのが平湯温泉「ひらゆの森」
すっかり改装されて古民家風に変身していました。
露天風呂は基本的には変わらないのですが樽風呂が新たにできていました。
ここは白濁したお湯と平湯独特の薄茶色のお湯の両方を楽しむことができていいですね。
ここも人でいっぱいでした。
休憩できるところやお土産も充実していて通常の入浴料500円は安いと思います。
20050531060512.jpg


次に向ったのが「新穂高の湯」
冬の間はぬる過ぎて入れないということでしたがちょうど良い温度でゆっくり入っていました。
入り口の案内板にも「ぬる湯」としっかり書いてありました。
20050531060745.jpg

階段の降り口と橋の上から撮った湯船全景です。
 
気持ちよく入浴です。
 
最後に「佳留萱山荘」です。
20050531060531.jpg

開放的な混浴露天風呂ですがちょっと熱いし藻がたくさん浮いていました。
特に紫外線を避けようと洞窟に入ろうと思いましたが熱くて入ってられませんでした(>_<)
 
でもやっぱり開放的な露天風呂にバンザイです。
20050531060704.jpg

通常の入浴料はタオル付きで800円です。

帰り道に栃尾温泉の足湯「蛍の湯」にも入ってみました。
爽やかな風の中、足が暖かいのは気持ちがいいです。
20050531061222.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyo121.blog6.fc2.com/tb.php/238-2e6afc67
この記事へのトラックバック
旅の案内.comで、あなたの旅を探してみませんか今回は、「朝だ!生です旅サラダ」(2005/5/28)で放送された岐阜の旅を紹介します。 湯湯ブログで、旅気分を味わってください。いがわこみち岐阜県郡上市八幡町八幡町は、豊かな水と緑に囲まれ、江戸時代から城下町として発展して
2005/05/31(火) 16:30:17 | 湯湯ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。