きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火打山登山と燕温泉
平成24年7月28日(土)
新潟県にある100名山の一つ、火打山に登って燕温泉で汗を流してきました。

朝6時に登山口に着いて準備して6時30分登山開始。

35分で黒沢橋に到着。

P7280002.jpg   P7280003.jpg

45分で十二曲り到着、ちょうど1時間で十二曲り終了。

ネマガリダケを探しながら2時間45分で高谷池ヒュッテ到着。

十二曲がり   P7280038.jpg

絶景ポイントからの高谷池ヒュッテとお花。

P7280050.jpg   花

天狗の庭からの逆さ火打

P7280062.jpg   P7280080.jpg

10時20分に雷鳥平、10時50分山頂に到着です
4時間20分かかりましたね。

P7280091.jpg   P7280102.jpg

お昼は登る途中で採って来たネマガリダケを茹でて食べました

P7280103.jpg   P7280104.jpg

12時20分下山開始で14時55分登山口到着。

そして汗流しに燕温泉に。

P7280135.jpg   P7280137.jpg

河原の湯にはたくさんの人。
外人さん家族も水着、バスタオル無しでおおらかに入っていらっしゃいました

P7280138.jpg   P7280145.jpg

湯船の下にはちょっとした滝が・・・・

打たれてみました

P7280147.jpg   P7280140.jpg

帰りに夜9時まで営業していて400円で入れる苗名の湯でお清めして帰りました。

P7280148.jpg   P7280149.jpg
スポンサーサイト
常念岳登山と沓掛温泉
平成24年7月21日(土)
常念岳に日帰り登山してから長野県小県郡青木村沓掛温泉にある日本秘湯を守る会の宿のおもとや旅館に泊って疲れを癒してきました

前日から車中泊して朝4時過ぎに一の沢登山口駐車場へ。
ここにはあまり車を泊めるスペースがないのでバスやタクシーで来る人が多いようです。
朝食を食べて準備して登山口へ。
一番近い駐車スペースからも10分くらいはかかりそうです。

登山口の休憩所にはお茶や漬物、プラムが登山客にサービスとして置いてありました。

水やトイレもあります。

P7210002.jpg   P7210003.jpg

P7210004.jpg   P7210008.jpg

5時30分登山開始。

10分で山の神に。

P7210009.jpg   P7210011.jpg

大滝まで50分。

P7210016.jpg   P7210017.jpg

笠原沢まで1時間40分

P7210020.jpg   P7210021.jpg

胸突八丁まで2時間10分

P7210026.jpg   P7210027.jpg

最終水場まで2時間40分

P7210038.jpg   P7210034.jpg

第一、第二、第三ベンチを10分間隔ごとに越えて常念小屋のある常念乗越まで3時間20分かかりました。

P7210039.jpg   P7210040.jpg

P7210041.jpg   P7210047.jpg

このあたりから雨が強くなり雨具を来て山頂を目指します。

山頂には10時40分到着。
食事休憩を入れて5時間10分かかりました。

しかし山頂はガスで景色はまるでダメ

こうなったら温泉に入ってビールが飲みたいのでさっさと下山

P7210054.jpg   P7210051.jpg

登山口到着は13時40分。
2時間40分で降りました。

下山は早いです

P7210035.jpg   P7210057.jpg

ちょっとアルコール類を購入しておもとや旅館に到着は16時。

部屋は8畳和室と2畳の広縁。

P7210058.jpg   部屋

すぐに汗流しにお風呂へ。

源泉35℃の掛け流しのぬる湯と加温循環しながら放流している過熱浴槽の交互に入ると疲れも取れます。
しかし源泉浴槽があるのは男湯だけのようです。
そのため夜の6時30分から9時30分までは男女が入れ替わります。

左の大きな湯船が源泉浴槽でドバドバ源泉が出ていて気持ちいいです。

P7210064.jpg   P7210063.jpg

食事は隣の空き部屋に用意されました。

今回は1万円コースでしたがこれで十分ですね。

前回のしし鍋事件があったのでワインの値段はしっかり聞いてから注文しました

朝食も美味しかったです

料理   P7220085.jpg

チェックアウトしてから沓掛共同浴場小倉の湯と田沢温泉共同浴場の有乳湯に入って帰宅しましたがどちらも200で良いお湯にはいれるなんて共同湯はいいですよね

沓掛共同湯   田沢温泉有乳湯

0268-49-2002

一泊二食付き 10650円~

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
赤岳登山と唐沢鉱泉
平成24年7月14(土)~16(月)
八ヶ岳最高峰の赤岳登山をして天気が良ければ横岳、硫黄岳、天狗岳を縦走して唐沢鉱泉に下山しようと計画していましたが濃いガスと強風のため縦走はあきらめて赤岳からそのまま下山して唐沢鉱泉に泊まってきました。


13日の夜に諏訪湖SAでハイウェイ温泉に入って車中泊して朝7時に登山口の美濃戸口に到着。
この先、赤岳山荘まで車で行けば1時間の歩きが減りますが駐車料金が1日1000円と倍になるので1日500円の美濃戸口に泊めて歩きます(^^)

P7140006.jpg   P7140002.jpg

準備をして7時30分登山開始。

P7140007.jpg   P7140009.jpg

約1時間程の林道歩きで赤岳山荘、美濃戸山荘に到着。
ここからが本格的な登山道に入ります。

P7140013.jpg   P7140019.jpg

今回は南沢を通って行者小屋に向かいます。

P7140024.jpg   P7140026.jpg

10時50分に行者小屋に到着。
おでんがあるのにはびっくり。
缶ビールは500円、ペットボトルのジュース、お茶は400円です。
ここで軽くおにぎりとカップ麺を食べます。

P7140052.jpg   P7140053.jpg

P7140048.jpg   P7140050.jpg

一時間程休憩して文三郎尾根を通って赤岳を目指します。

綺麗なお花が疲れを癒してくれます。

P7140057.jpg   お花

最後の核心部は鎖場、梯子の連続。

P7140073.jpg   P7140076.jpg

そして13時40分の山頂到着。

P7140088.jpg   P7140092.jpg

山頂はガスって何も見えなかったのと風が強かったので記念撮影だけして山小屋へ。
今夜は赤岳展望荘に泊りです。

掛け布団ではなく寝袋が用意されています。
畳1枚に2人がひしめき合って寝ます。
コーヒーは無料サービスでした。

P7140098.jpg   P7140106.jpg

P7140107.jpg   P7140100.jpg

この小屋には五右衛門風呂があり男女交代で汗を流せるところがいいですね。
たまり湯ですが男女が交代するときはお湯を入れ替えるようです。

風呂上りは重たい思いをして担いで登ってきたビールで乾杯

P7140103.jpg   P7140101.jpg

夕食前にはガスも取れて眺望が

P7140112.jpg   P7140131.jpg

食事は夕食、朝食ともにバイキング。
山小屋でバイキングは初めてです。

P7140108.jpg   P7140109.jpg

P7150135.jpg   P7150136.jpg

下山して渋御殿湯で汗を流してから今宵の宿、長野県茅野市湖東1323にある唐沢鉱泉へ。
到着したのは13時15分。
縦走してくる予定をやめたのでずいぶん早いチェックインでしたがさすがは登山口の宿だけあって部屋の準備はできていてすぐにお部屋へ。

部屋は旧舘に予約していましたが宿の都合で新館に通されました
浴衣、タオル、バスタオル、歯ブラシは用意されています。
トイレは部屋を出てすぐに綺麗なシャワートイレがありとても快適です。

P7150147.jpg   P7150149.jpg

P7150150.jpg   P7150152.jpg

一休みしてさっそくお風呂に。

源泉は10℃ほどですが手前が35℃くらい奥が40℃くらいに加熱しながら少しずつ放流されています。
ぬるい浴槽に浸かっていると身体に気泡が付きました。

P7160167.jpg   P7160168.jpg

食事は食堂で皆さんと一緒に。
山の話で盛り上がります。

食事は一気に出されます。
お酒を飲んでる人には味噌汁は最後に出してほしいところですが具だくさんの味噌汁でしたので箸休めには良かったです。

追加料理のしし鍋はタクシー代がいらなくてすんだので値段も聞かずに注文したらなんと5000円

美味しかったですがお腹いっぱいで他の料理が食べれなかったのでやめておけば良かったと後悔(^^)

P7150160.jpg   P7160171.jpg

日本秘湯を守る会の宿

0266-76-2525

一泊二食付き 本館 11500円
       新館 13650円

チェックイン 14:00
チェックアウト 10:00
鹿教湯温泉 河鹿荘別館
平成24年7月7日(土)
長野県上田市鹿教湯温泉にある河鹿荘別館に泊ってきました。

左の写真が本館、道路を挟んだ向かい側が別館です。

P7070001.jpg   P7070002.jpg

本館は通常の食事付きプランの利用ですが別館は自炊をしながら湯治目的の方が利用します。
なので部屋にはテレビとテーブル、鏡があるだけで浴衣、タオル、歯ブラシなどのアメニティは備えられていなく全て有料になります。

そのかわり台所には冷蔵庫、電子レンジ、トースター、電気ポット、食器、フライパン、鍋などの自炊用具はすべて無料で貸し出しされています。

P7070003.jpg   IMGP7753.jpg

別館には貸切風呂としても利用できる男女別の内湯がありますがこちらのお風呂の方がかすかに硫黄の臭いもしてより温泉らしいお湯だと感じます。

P7070004.jpg   P7070006.jpg

本館には男女別の内湯、混浴の展望風呂、混浴露天風呂があります。

混浴露天風呂、展望風呂は夜の7時から9時までは女性専用となります。

左は男女別内湯、右は混浴展望風呂です。

P7070008.jpg   P7070009.jpg

混浴露天風呂の写真は宿のホームページからお借りしました。

ぬるめでゆっくり入ることができますしこの時期はかじかカエルの声を聞きながら、ホタルも見ることができます。

露天風呂        露天風呂の夜

リーズナブルに好きな食べ物、飲み物を持ち込んで自由にお風呂を楽しみたいなら別館の利用が楽しいですね。

P7070011.jpg   P7070012.jpg

P7070013.jpg   P7070014.jpg

0268-44-2036

チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00(要確認)

素泊り 「一名様一室利用時 4,725円」
    「二名様一室利用時 4,200円」
    「三名様一室利用時 3,500円」
    「四名様一室利用時 3,150円」
     (消費税込み・入湯税別)

     ※冬場は暖房費別

     ※ 連泊割引をご利用下さい 一室につき三泊目から500円引き、八泊目から1,000円引き

     ※湯治部の料金は通年同一料金です。休前日も料金は変わりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。