きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栃尾又温泉 自在館
平成24年1月27日(金)
新潟県魚沼市栃尾又温泉にある自在館からこんな嬉しい年賀状をいただいたので早速お言葉に甘えて行ってきました

去年2回泊ったからでしょうか

地元富山も大雪でしたがここの雪とは比べ物にならないですね~
凄い雪です

P1260001.jpg       P1270002.jpg

P1280050.jpg   P1270003.jpg

チェックインは13時からできるので13時チェックインを目指しましたが雪のため高速道路がノロノロで思うように走れず到着は13時25分になってしまいました。
お茶とお菓子をいただきお部屋へ。
一人分の料金が無料なのでトイレ付きのお部屋でお料理は月のコースでお願いしました。

P1270006.jpg   部屋

お風呂は貸切内湯の「うさぎの湯」と「たぬきの湯」
貸切露天風呂の「うげつの湯」(朝6時から夜12時30分まで)
男女交代制の大浴場 霊泉「うえの湯」「したの湯」(朝5時から夜11時まで)があります。
貸切内湯の「うさぎの湯」と「たぬきの湯」は夜10時から翌朝8時までは男女別の内湯となり24時間入ることができます。

写真左は「たぬきの湯」右は「うえの湯」です。
貸切内湯の「うさぎの湯」と「たぬきの湯」は加熱した源泉を掛け流し。

「したの湯」「うえの湯」は源泉温度が36℃のお湯が掛け流されていてじっくり入っていると寝てしまいます。
単行本を読みながら入っている人もいらっしゃいます。
もちろん加熱循環している加熱浴槽もありますので最後は暖まって上がることはできます。

P1270013.jpg   P1280054.jpg

夕食は専用の個室「野草庵」でいただきます。
炭火でじっくり焼き上げられた岩魚は頭までパリパリで骨ごと丸かじりできます。
鴨鍋の出汁で作る〆の雑炊は絶品です

今回朝食は食堂「山蕗」で。
大好きな玉子焼きが食べ放題
食後は囲炉裏端でコーヒーをいただきます。
コーヒーはチェックインから宿泊客は無料となってます。
そして毎日豆の種類が変わるみたいです。

料理   朝食

チェックアウトは11時なので今回ものんびりさせていただきました。
このハガキの有効期間は1/9~4/25までの平日なら何回でも利用できるようなのでまたおじゃましたいな~って思います。
しかも有料の人の分はしっかりスタンプも押してもらえますからね~

025-795-2211

チェックイン 13:00
チェックアウト 11:00

一泊二食付き 9600~

3泊以上の湯治プランもあり。

日本秘湯を守る会の宿
スポンサーサイト
歩いて4時間 冬の中房温泉
平成24年1月7日(土)~9日(月)
長野県安曇野市穂高有明 7226 にある中房温泉に今年も4時間かけて歩いて行って連泊してきました

夏場は車で宿の駐車場まで行けますが12月からゴールデンウィークが始まる4月29日頃までは宮代ゲートから中房温泉までの約12kmを歩いて行かなくてはいけません。
宿は休まず営業しているということで歩いて行けば泊ることはできるんです。
しかし歩いてここに来る方々は私ら以外は皆さん冬営業をしている燕山荘に泊るための前泊として利用していらっしゃるわけでここに泊りに来るのが目的の方はよっぽどの物好きだけのようです

そのため燕山荘最終日前日の7日は中房温泉に20名程の前泊者の方々がいらっしゃいましたが最終日に皆さん燕山荘に向われたので8日は私らだけの全館貸切で楽しませていただきました

燕山荘の冬営業が終われば中房温泉に来るお客様もいなくなるそうです。

7日 快晴の中、ゲート手前の駐車場に車を置いて宮代ゲート出発は9時30分。

P1070008.jpg   P1070009.jpg

11時10分、中間地点より少し手前にある芳男地蔵菩薩で休憩。
写真のマンホールの下は温泉が流れていてここに座ると暖かくてほんとに気持ちがいいので30分も休んでしまいました

P1070012.jpg   P1070014.jpg

天気がいいので寒いですがテンションあがります

P1070016.jpg   P1070017.jpg

有明荘を過ぎれば中房温泉はもうすぐそこです。

P1070022.jpg   P1070021.jpg

中房温泉到着は14時少し前。
マンホールでゆっくりお尻を暖めていたので4時間30分かかりました
敷地内は地熱の為かほとんど雪はありません。

P1070026.jpg   P1070029.jpg

P1070033.jpg   P1070034.jpg

お部屋は登山者用の本館。
夏場と違ってタオル、歯ブラシ、浴衣などいっさいありませんがコタツとファンヒーターがあるので部屋にいるとまったく寒くありません。
しかし窓を開ければ天然の冷凍庫です。

入れるお風呂は4箇所。
本館の大湯と御座の湯
別館の大浴場と岩の湯です。

P1070038.jpg   P1070039.jpg

なにはともあれ乾杯

P1070040.jpg   P1080143.jpg

食事は夕食が17時から朝食が6時からと山小屋並みです。
味噌汁は鍋で出てきますし担いで持ってきたお酒は自由に飲んでもかまいません。
しかしゴミはお持ち帰りです。
正直、夏場の食事よりも美味しいかも

1泊目

夕食1   朝食1

2泊目は私らだけの貸切だったので朝食時にみかんと通常150円で販売しているコーヒーをサービスしていただきました

夕食2   朝食2

2日目はまず露天風呂を満喫。
去年は行きませんでしたが白滝の湯は良い湯加減でした

P1080096.jpg   P1080090.jpg

月見の湯、根っこ風呂、プールも入ることができました。
入りはしませんでしたが菩薩の湯、蒸し湯も入れますよ。

P1080074.jpg   P1080068.jpg

P1080141.jpg   P1090161.jpg

ほんとに気持ちよく晴れていますが寒い。
空気中の水蒸気が太陽の光を浴びてキラキラ輝きます。
そして洗面器にも霜柱ができてます

P1080089.jpg   P1080062.jpg

そしてもう一つの楽しみが地熱蒸し
貸切でまったり楽しみました。
冬の中房いいですね~

地熱蒸し   P1080124.jpg

P1080134.jpg   P1080121.jpg

最終日は雪の朝になりましたがこれまた良い感じです。
帰りは同じマンホールでまた30分の休憩をしましたが3時間30分でゲートに到着しました。

P1090154.jpg   P1090168.jpg

いや~楽しかった
来年もまた行こうと思います。

スタンプ帖にもしっかりハンコ2個いただきましたよ。

0263-77-1488

歩いて4時間冬景色・1泊2食付き+ドリンク1本プラン 税込み9285円

日本秘湯を守る会の宿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。