きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川温泉元湯 不老館
平成23年3月19日(土)~21日(月)
富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1 にある小川温泉元湯 不老館にお友達と連休を過ごしてきました。

日本は地震と放射能汚染で大変な時期ではありますが私の会社からも震災地への応援が決まり2人しかいない職場のメンバーが出向くに当たり一人で職場を守るべく過酷な業務に備えての休みです。
そして私も交代で4月11日から2週間の応援に出向きます

もう3月も半ばを過ぎたというのに小川温泉にはまだまだ雪がたくさんありました。
洞窟露天風呂のオープンは来月8日予定だそうです。

P3190008.jpg   P3190010.jpg

今回も自分の食べたい物、飲みたい物を持ち寄って楽しく過ごしました。

これでまた仕事も頑張れます(^^)v

料理2   NEC_0104.jpg

 0765-84-8112
素泊まり 3300円
チェックイン 12:00
チェックアウト 12:00
スポンサーサイト
栃尾又温泉 自在館
平成23年3月5日(土)
新潟県魚沼市栃尾又温泉にある栃尾又温泉 自在館に泊ってきました。
ここは前々から行きたかったのですがなかなか機会がなくいつも素通りでもう少し上にある駒の湯山荘に行ってましたが要約念願が叶ったという感じです。

富山ではかなり雪も解けてきていますが流石にここはまだまだ雪深いですね。
ロビーには甘酒も用意されていました。

部屋は8畳間に広縁、シャワートイレが付いたお部屋にしました。
用意されたいたのは浴衣ではなく作務衣でしたが好みに応じて浴衣にもしてもらえるようです。
空の冷蔵庫も置いてありましたがこの時期は広縁を障子戸で仕切ってしまえば広縁が冷蔵庫のようでした(^^)

外観   部屋

お風呂は貸切の露天風呂が一箇所、夜10時30分まで貸切できる内湯が2箇所。
貸切内湯は10時30分以降は男女別内湯となります。
その他に栃尾又の3軒の宿共通の「うえの湯」と「したの湯」です。

貸切露天風呂の「うげつの湯」です。
ぬるめなのでじっくり入っていられますが貸切時間は40分と慌しいです。

P3050011.jpg   P3050023.jpg

貸切内湯の「たぬきの湯」です。
「うさぎの湯」よりも一回り広いです。

P3050010.jpg   P3050034.jpg

したの湯です。
うえの湯、したの湯ともに人が多くて写真は撮れなかったのでHPから引用させていただきました。
うえの湯はかなり広い造りです。
したの湯のほうが風情があって好みでした。
お湯は源泉36℃とこの時期としては冷たいくらいですが本を持ち込んでじっくり入っておられる人がいらっしゃいます。
上がるときは加熱した湯船に入ってあったまってから出ました。

P3050012.jpg   下の湯

食事は専用の個室でいただきます。
鴨鍋の後はお決まりの雑炊で〆ました。
岩魚は炭火でじっくり焼き上げてあり頭までパリパリになっていてとても美味しかったです。

朝食には豆乳、グレープフルーツジュース、グレープジュース、ヨーグルトが飲み放題、コーヒーも無料でした。

料理   朝食

チェックインが13時、チェックアウトが11時でとてものんびりすることがでて良かったです。
ご招待でまたお邪魔したいですね。

:025-795-2211 

一泊二食付き料理 月  14430円

日本秘湯を守る会の宿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。