きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人の休日倶楽部で伊豆へ2泊3日の旅 2日目、3日目
平成23年1月23日(日)
KKR稲取の送迎車で伊豆稲取駅へ。
9時40分発の黒船電車で伊豆急下田駅へ。
海の方を向いている座席に座りました。

P1230084.jpg   P1230079.jpg

下田からは東海バスの2日間乗り降り自由の南伊豆フリーパス(2790円)を購入しまずは大沢温泉山の家の露天風呂へ。

P1230086.jpg      NEC_1282.jpg

バス停から歩いて15分で付きました。
ここは昔、男女の垣根がなかったころに一度おじゃましましたが今は垣根で男女が別れています。
入浴料は500円。
静かでいいところですね~
素泊まりで良ければ3900円で泊まることもできるみたいです。

P1230088.jpg   P1230095.jpg

お昼は道の駅「花の三聖苑」で。
味噌こんにゃくとお蕎麦そしてやっぱり
おもしろいオブジェもありました。

P1230097.jpg   P1230098.jpg

P1230103.jpg   P1230104.jpg

P1230099.jpg   P1230100.jpg

そしてまたバスに乗って今宵の宿へ
今宵の宿は静岡県賀茂郡松崎町桜田569-1 にある日本秘湯を守る会の1軒宿。
桜田温泉 山芳園です。
チェックインの時間はわからなかったのですがちょっと奮発したので13時50分に到着。
女将さんに快く迎えていただきました。

玄関に入ってすぐ横にある囲炉裏のテーブルでまずはおしぼりとみかんの生ジュースのサービス。
そしてカラフルな色のタオルから私はオレンジを選びました。

P1230109.jpg   山芳園外観

部屋には既にお布団が敷いてありいつでも横になれる状態です
これは一人旅のお客様だけのようですが・・・

部屋は一人では十分な広さ。
バス、シャワートイレ付きで空の冷蔵庫、湧くポットがあります。
地デジテレビも付いていますが部屋の広さからするとちょっと小さいかもね。

ビールは350cc缶が300円とちょっとは安めです

部屋   P1230134.jpg

一休みして早速混浴露天風呂へ。
広々とした湯船に上手に温度調節されたお湯がおしげもなく掛け流されています。
湯量が豊富なんでしょうね~

お湯はわずかに硫黄臭がするなめらなお湯です。

とりあえずバンザイいっときます\(^o^)/

混浴露天風呂は夜の7時30分から9時までは女性専用になります。

P1230130.jpg   P1230132.jpg

NEC_1303.jpg      P1230126.jpg

その他に館内には貸切風呂と男女別に檜のお風呂があります。
檜のお風呂は温度の違う2つの浴槽がありゆっくりと入ることができます。
檜の肌触りはなんともいえない安らぎを与えてくれますね

P1230137.jpg   P1230135.jpg

食事は専用の個室でいただきます。
海の幸、山の幸を上手に組み合わせての会席風のお料理で鰆の浜石焼や天城牡丹の朴葉味噌焼は冷酒にぴったりでした

夕食   P1230162.jpg

朝食も夜と同じ個室でいただきます。
朝からバランスのとれた食事で元気が出ますね。
デザートのみかんシャーベットもグッド

P1240167.jpg   P1240168.jpg

チェックアウトの時にコーヒーをいただきましたがあれはサービスでよかったのでしょうか?
ありがとうございます

宿から車で長八美術館のバス亭まで送っていただき重ね重ねありがとうございます。

おかげで海岸沿いのマーガレットライン経由で下田まで楽しいバスの旅をすることができました。

P1240175.jpg   P1240180.jpg

下田駅に11時40分に到着。
帰りは14時2分発のスーパービュー踊り子号の指定席を取っていたのでまたバスに乗って河内温泉金谷旅館の千人風呂へ。
入浴料は700円。
平日なのでのんびり入ることができて良かったです。
良い旅の〆ができました

P1240195.jpg   P1240197.jpg

そして昼はヒレカツ弁当、夜はアナゴ寿司を食べながら春を思わせる伊豆から真冬の富山へ戻ります(>_<)
伊豆は暖かくていいな~

自宅到着は21時40分でした。

P1240215.jpg   P1240224.jpg

桜田温泉山芳園
0558-42-2561
一人旅プラン 23130円(税込み)
日本秘湯を守る会の宿
スポンサーサイト
大人の休日倶楽部で伊豆へ2泊3日の旅 初日
平成23年1月22日(土)
JR東日本の「大人の休日倶楽部」を利用して2泊3日の伊豆の旅に行って来ました。

小雪が降る中、会社の駐車場に車を止めて歩いて高岡駅に行き、4時15分発の「急行きたぐに」で直江津へ。
直江津からほくほく線快速で越後湯沢へ。
越後湯沢から上越新幹線で東京へ。
東京から特急踊り子号で伊東駅に10時44分に到着です。
早いですね~

その間に駅弁を食べながら朝から
電車の旅はなんといっても飲みながら行けるのが幸せです

電車      NEC_1262.jpg

伊東駅に付いてまずは入ったことがなかった混浴露天風呂がある「陽気館」へ。
11時から日帰り入浴ができるのでぴったりでした。
入浴料は1000円で1時間の時間制限付きです。
専用のケーブルカーで露天風呂へ。
露天風呂からは伊東市内が見渡せます。

P1220011.jpg   陽気館

お腹も空いてきたのでランチ。
食事をするとお風呂に入れるという熱川の「円遊」へ。
アナゴ丼をいただきました。
丼からはみ出るくらいボリュームたっぷりでサクサクの衣に包まれたアナゴは美味かった。

食事の後は裏山にある露天風呂へ。
貸切制なのでどなたかが入っていると待っていなければならないのが難点ですが木々に囲まれた静かなところで気兼ねなくのんびり入ることができます。

円遊   円遊露天風呂

初日の宿は伊豆稲取駅から歩いて25分のKKR稲取
ここは国家公務員共済組合の保養施設ですが一般の人も泊ることができますし、土曜日でも一人で気軽に手軽な料金で泊まれるということでここを選びました。
駅までの送迎もしてくれます。
帰りは駅まで送っていただきました。

宿に着いたのは3時45分。
部屋はすべてオーシャンビュー
トイレは付いていませんが空の冷蔵庫や地デジテレビはありました。

P1220041.jpg   KKR稲取の部屋

アルコール類も良心価格です。
部屋に時計があるというのも一般旅館とは違うところでしょうか。

P1220042.jpg   P1230069.jpg

お風呂は内風呂だけですが熱めとぬるめの2つの浴槽がありお湯は掛け流されています。
シャンプーは私がけっこう好きな馬油がありました

P1220064.jpg   P1220065.jpg

そうそう一応家族風呂も1つあるので家族、カップルで泊るのもいいですね。

P1230073.jpg      P1220067.jpg

食事は食堂でいただきます。
富山に住んでいる私でも海の幸は美味しいと思いました。
料金からすると十分な量ですね。
食前酒のみかんワインは口当たりも良くお酒が飲めない方でも飲めるのでは?

朝はバイキングで7時30分から9時の間でいただきます。

KKR夕食   P1230072.jpg

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1957-1
0557-95-2577
一泊二食付き 9500円
温泉民宿 あおまさ
平成23年1月15日(土)
富山県氷見市窪3203-1 にある松田江温泉民宿あおまさにて温泉仲間との新年会で泊まってきました。

昨年10月に新装オープンしてから初めての泊りです。

昔は部屋に隙間風が入ってとても寒い思いをしましたが快適でポカポカでした
トイレもシャワートイレに変身

浴衣、歯ブラシ、ハンドタオルはありますがバスタオルはありません。

P1160045.jpg   P1160042.jpg

料理は相変わらず美味しくてお酒がすすみました

残ったら朝に昆布〆で出してもらえるのですが残りませんでした(^^)

朝食は大広間で。
今回は迎えにきてもらったので朝からビールが飲めて良かったです

料理   P1160041.jpg

蟹の甲羅酒は美味かった。
差し入れでいただいたお酒も美味かった

P1150027.jpg   P1150029.jpg


お風呂は完全に男女別になっていましたがお湯は相変わらず油臭のする暖まるお湯でした。

お風呂だけは昔の木枠の湯船が好きだったな~

P1160037.jpg   P1150014.jpg

0766-91-5157

一泊二食付き 8500円~
歩いて4時間 冬の中房温泉
平成23年1月8日(土)~10日(月)
長野県安曇野市穂高有明 7226 にある中房温泉に連泊して雪中の地獄蒸し、雪見の露天風呂を満喫してきました。

昨年の11月23日泊まりで通常営業を終了したあとは中房温泉に通じる道路が通行止めとなり宮城ゲートから中房温泉までの13kmの道を4時間かけて歩いて行かなければいけません。

冬の営業は以前から知っていたのですが今回要約実現しました

宮城ゲート手前の無料駐車場に車を置いて10時30分出発。

P1080001.jpg   P1080002.jpg

初めは道路には雪がないところもあり拍子抜けでしたが徐々に多くなってきました。

7Km地点で昼飯です。

P1080006.jpg   P1080014.jpg

歩いていると中房温泉までの距離が案内されていますのである程度は時間が読めます。

P1080005.jpg   P1080019.jpg

14時40分に到着。
昼休憩を30分くらいしてましたので3時間40分で到着しました。

宿の前は温泉熱で雪はありません。

P1080021.jpg   P1080027.jpg

冬の中房は完全な山小屋。
浴衣もタオルも歯ブラシもありません。
しかしファンヒーターとコタツがあるので部屋は暖かいです。

地獄蒸しを楽しむためアルコールと食材だけで8Kgの荷物を担いで上がったので途中で足がつりそうになりました(^^)

P1100067.jpg   P1080032.jpg

夕食は17時、朝食は6時、21時消灯です。
連泊しましたが変わり映えの無い食事です
ま~食事には期待していませんでしたけどね。

初日の夕食と翌朝の朝食です。

P1080034.jpg   P1090035.jpg

2日目夕食と3日目朝食です。

P1090065.jpg   P1100066.jpg

朝食時にはコーヒー150円で提供されています。
初日こそ9日が燕山荘の正月営業の最終日となっていたために前泊のお客様が20名ほどいらっしゃいましたが翌日の宿泊客は4名でした。

P1090036.jpg   P1090037.jpg

入れるお風呂は別館の大浴場、岩の湯、本館の大湯、御座の湯の4箇所。

しかし掃除はしていないけどお湯は出ているということで翌日露天風呂のパトロール。

月見の湯、根っこ風呂、蒸し湯は入れました。
菩薩の湯も帰りに覗いてみましたが入れそうです。

NEC_1185.jpg      P1090047.jpg

雪の中の地獄蒸しも満喫できて歩いてきた甲斐がありました。
地熱でお尻は熱いくらいで寒くはありません。

地獄蒸し     NEC_1178.jpg

帰りは荷物も軽くなったので3時間で着きました。

しかしカンジキ買ったけどいらなかった。

悔しいから帰りに履いて遊んでみましたけどね

物資を運ぶために軽トラックが行き来しているため除雪してるので靴は長靴で十分行けます。

P1100080.jpg   P1100100.jpg

ウェブ予約 9285円(税込み)スーパードライが1本サービスの特典

個人的にはラガーがいい~

また来年も行きたいです。

日本秘湯を守る会のスタンプ帖にもしっかりスタンプもらえます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。