きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉民宿 げんろく
平成22年1月23日(土)
富山県氷見市阿尾178-1にある「温泉民宿げんろく」に温泉仲間11人と泊まりに行ってきました。
外観は純和風のたたずまい。
部屋は和室で浴衣、タオル、バスタオル、歯ブラシは用意されてます。
お着きのお菓子もありました。
テレビ、湧くポットはありますが、さすがに冷蔵庫はありません。

P1240042.jpg   P1230007.jpg

P1230009.jpg   P1230008.jpg

お風呂は温泉
源泉は58℃ということでとても熱いです。
夜は11時まで、朝は6時から入れます。

P1230164.jpg   P1230161.jpg

夕食はグループごとにいただきます。
今回は2食付で8000円のコースだったのですが氷見というと刺身が食べきれないほど船盛でド~んと出てくるのを期待していたのでもう少し奮発すれば良かったと後悔しています。
それに味付けもイマイチでがっかり

朝食は大広間で宿泊客のみなさんと一緒です。

料理   P1240040.jpg

一泊二食付き 8000円~
 0766-72-5688
スポンサーサイト
泥湯温泉 奥山旅館
平成22年1月8日(金)~11日(月)
秋田県湯沢市高松字泥湯沢25にある泥湯温泉奥山旅館の3泊6食湯治パックを利用して今年初温泉宿に宿泊してきました。

料金は3泊6食で10500円、他には入湯税が1人1日150円、暖房費が1部屋1日500円かかります。

今回は8日からの3泊6食の予定でしたが年明けのバタバタで8日は仕事が休めず2泊5食になりましたが料金は同じです。

28日の仕事が終わってから夜9時に自宅を出発、夜通し走って泥湯には朝の5時30分到着です。
自宅から510キロ、8時間30分かかりました。

チェックインを朝6時にお願いしていたのでとりあえずお風呂で疲れた体を癒します
タオルを振り回すと凍りつき吹雪の中の露天風呂は髪の毛が真っ白になりますがこれぞ雪見の露天風呂の醍醐味です

P1090021.jpg   P1090023.jpg

P1100037.jpg   P1100038.jpg

今回泊まったところは本館向かい側の別棟。
6畳間にテレビ、ポット、浴衣があるだけでタオル、バスタオル、歯ブラシなど一切付いていません。
部屋の外にあるトイレはシャワートイレでした。
しかし暖房は暑いくらいで裸でいても寒くありません

P1110046.jpg   P1110047.jpg

食事はみなさんとご一緒に大広間で。
朝食は7時30分、夕食は5時30分からと早めです。
しかしこの料金でこれだけ出れば言うことがないくらい十分な量、品数です。

お昼は頼めば簡単な物を作ってくれますが私は持込したお酒を飲みながら缶詰やウインナやお餅を食べていました。
しかし3日間飲み続け、食べ続きでした

料理   昼めし

お風呂は露天風呂の他に本館に混浴の内湯、混浴露天風呂のところに男女別の内湯があります。
シャワーは混浴露天風呂の方の内湯にしかありません。

内湯400   P1090011.jpg

帰りに羽根沢温泉の共同湯に入りましたが相変わらずのとろみのあるお湯はいいですよね~
もう少しぬるければ言うことなしなんだけどな。

交通費は、行きが9日土曜日の午前零時を過ぎてから高速降りたので往復の高速料金は2000円。
ガソリン代は往復1020kmで1リッターあたり19.9Km走ったので1リッター120円として6150円
合計8150円で行って来れました

P1110056.jpg   P1110063.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。