きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切明温泉 雪あかり
平成21年5月30日(土)/
長野県下水内郡栄村大字堺17897-1にある切明温泉 雪あかりに泊まってきました。

チェックイン前に標高1800mの雲上の温泉「万座温泉」の「万座温泉ホテル」と「万座プリンスホテル」のお風呂に温泉本で無料入浴

白濁の硫黄臭たっぷりのお湯はいかにも温泉っていう感じがしていいですね

P5300003.jpg   IMGP1719.jpg

宿に着いたのは16時。
外観は昔の木造校舎のような造りです。

部屋は10畳のシンプルな和室。
でもトイレはシャワートイレでした。
浴衣、タオル、バスタオル、歯ブラシはあります。
布団はお客さんが自由に敷くシステムで宿の人は敷いてくれません。

外観4枚   部屋4枚

お風呂は男女別の内湯と混浴露天風呂が一つ。(女性専用時間があり)

この時期露天風呂は加熱循環しているため入浴時間は11時30分~21時30分まで。
宿の人の話ではボイラーがとまってしまうと冷たくて入れませんということでしたが加熱しているときは熱過ぎるくらいなので止まってからのほうがちょうど良かったです

P5300037.jpg   P5310060.jpg

内湯は掛け流しで24時間OK。
浴室はサウナ状態でした。

P5300033.jpg   P5310066.jpg

食事は食事処でテーブル席です。
山菜中心の熟年向きの内容ですが味付けは良かったです。
量もちょうどですね。

朝食はけっこう良かったです。
コーヒーサービスもありがたいですがちょっと薄め

夕食   P5310056.jpg

翌日は和山温泉、小赤沢温泉、百合居温泉に入って帰りました。

P5310071.jpg   P5310080.jpg

P5310084.jpg   P5310087.jpg

0257-67-2255

一泊二食付き 11000円~

日本秘湯を守る会の宿

スポンサーサイト
黒部名水ロードレースと小川温泉
平成21年5月24日(日)
第26回 黒部名水ロードレースの10kmの部に参加したあと一人で富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1にある小川温泉元湯不老館に泊まって反省会をしてきました

一時間を切るのを目標にしていたのに切れなくて残念(>_<)
来年こそは切りたいと思います

マラソン   P5240020.jpg

翌日は黒部峡谷鉄道のトロッコに乗って新緑を楽しみながら黒薙温泉でのんびりお湯に浸かり、宇奈月麦酒館で地ビールソフトを食べて帰宅しました。

P5250023.jpg   黒薙4枚
琴引浜露天風呂と焼きサバ♪
平成21年5月16日(土)
京都府京丹後市網野町掛津にある鳴き砂で有名な琴引浜にある露天風呂に入ってきました。

行く途中、小浜市でNHKの朝の連ドラの「ちりとてちん」を見てからずっと食べたかった焼きサバをとともに。
まいう~

P5160019.jpg   P5160020.jpg

露天風呂は現在午後3時30分から6時の間の2時間30分だけお湯が出ているということです。
海水浴シーズンはもう少し長く出ているそうです。

ということで到着したのは午後4時30分。
開放感抜群でお湯もドバドバ出ています

P5160027.jpg   P5160030.jpg

ここは水着着用の混浴露天風呂ですが貸切だったので一応海水パンツは準備しておいて裸で入ってました
お湯が止まるまで貸切で満喫できて良かったです

水風呂代わりの海水浴も楽しかった

P5160033.jpg   海

秋にはもう一度夕日を眺めながら入りに行きたいと思います。
中房温泉 3連泊
平成21年5月2日~5日
長野県安曇野市穂高有明7226にある中房温泉に3連泊してきました。
高速道の新割引制度が始まりどこへ行くのも込み合うと思い一箇所にとどまって楽しむことにしました。

P5020016.jpg   看板400

初日はちょっと奮発して別館に宿泊
本館とは違い廊下を歩いてもギシギシ音が出ません。
部屋にはトイレこそないものの空の冷蔵庫、洗面所、バスタオル、裁縫セット、綿棒などアメニティも充実。
部屋のすぐ前にトイレはありましたがシャワートイレでなかったのが残念。
ちなみにトイレ付きの部屋もありますけどね。

右側の画像は本館の部屋。
シンプルです。
歯ブラシも歯磨き粉が最初から付いているタイプです。
食事も食堂でテーブルとイス。

別館部屋   本館部屋

別館での食事は夕食は部屋で、朝食は食事処でした。
左が夕食、写真にはありませんがデザートにパイナップルが出ました。

P5020040.jpg   P5030056.jpg

本館の食事です。
別館とは器も違いますし当然品数も違います。
左が夕食です。

P5030086.jpg   P5040093.jpg


連泊すると食事内容が変わります。

P5040096.jpg   P5050110.jpg

どっちにしても食事にはあまり期待しないほうがいいかもしれませんね
ここはなんといってもお風呂めぐりと焼山でする地獄蒸し宴会が楽しいんです
今年は黄金シャモの丸焼きも登場しました。

P5030067.jpg   地獄蒸し

お風呂は一泊では周りきれないくらいあります。
夜中に右側の温泉プールに裸で入るのが密かな楽しみです

P5020026.jpg   IMGP5249.jpg

また秋にもおじゃましたいと思ってます。

日本秘湯を守る会の宿。

0263-77-1488

一泊二食付き 別館 13800円~
          本館 9390円~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。