きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南知多 山海温泉  粛 海風
平成20年11月30日(日)
ホテルをチェックアウトしてから同期入社のメンバーと同期会の会場の知多半島の先端近くにある山海温泉粛海風へ向います。

途中野間灯台の前にあるカフェテラス NOANOAでランチです。
景色がとてもいいのでデートにぴったりの場所ですね

NOANOA4枚   灯台4枚

満足したところで温泉博士を利用して内海温泉浜辺のホテル 松涛へ。
最上階の7階にある展望風呂からの景色はすばらしいです。

PB300073.jpg   PB300075.jpg

旅館到着は15時30分。

PB300077.jpg    PB300079.jpg

まずは海の見えるお休み処で抹茶と梅大福のおもてなしです。

PB300082.jpg   PB300084.jpg

今日はミス日本コンテスト中部北陸代表選出大会がありどうやらここで前夜祭があり泊まられるかたもいるようです。
ここの露天風呂は混浴。
いらぬ想像がかきたてられます(^^)

とりあえず部屋へ。
部屋からの眺望も抜群です。
冷蔵庫には持ち込んだ飲み物を入れるスペースはあまりありません。

PB300139.jpg    部屋9枚

なにはともあれ最上階の混浴露天風呂「天上の湯」へ。
地元ケーブルテレビの取材班が来ていて入浴シーンを撮られました(^^)
しかし期待したミスコンのお姉さんとの混浴はならず、残念

しかし夕日をながめながらの冷酒サービスに大満足

PB300125.jpg   露天風呂で一杯

天上の湯には男女それぞれ狭いながらも内湯と洗い場もあります。

5階には夜8時から11時までの間、貸切になる以外は男性風呂となっている浜離宮があります。

露天風呂4枚   PC010197.jpg

3階には貸切風呂が2箇所。
どちらも空いていれば自由に使用できます。
一つはじゃり石式露天風呂「円石の湯」
もう一つは座敷露天風呂「風月の湯」です。

PC010195.jpg   PC010199.jpg

2階には女性専用の満月の湯があります。
ここは天上の湯が夜8時から10時まで女性専用になる2時間だけ男性が入ることができます。
夜の為、写真はうまく撮れませんでした。

PB300170.jpg   PB300168.jpg

湯上りには2階の休憩所でお茶やジュースのサービスが。
マッサージ機もあります。
海をながめながらモミモミ

PC010189.jpg   PC010190.jpg

食事は夕食、朝食ともに専用の食事処でグループごとにいただきます。
夕食のかき揚げ丼、朝食の出汁巻き玉子は美味しかったな~
コーヒーのサービスがないのが残念。

料理12枚   朝食

今回の宿泊費は会社の補助もあって一人14900円。
十分満足のいく宿でした

おまけです。

朝、天上の湯でミスコンの美女と混浴\(^o^)/
湯気でよくわかりませんが右側に写っているのがわかりますか?

気分良くしてバンザイ\(^o^)/

PC010185.jpg   PC010184.jpg

チェックアウトしてから同僚の家の近くの三越で「ひつまぶし」
やっぱり名古屋の〆にはこれでしょう

PC010205.jpg    PC010207.jpg

帰りは下呂温泉に立ち寄り
まずは噴泉地で地元の方との語らい。

そして共同湯「幸の湯」
入浴料350円

PC010210.jpg   PC010212.jpg

最後は自遊人パスポートで普段は日帰り入浴ができない湯本館でありがたく入浴させていただき今回の旅の〆となりました。

PC010211.jpg   PC010219.jpg

スポンサーサイト
名古屋モーニングと体育会系メニュー
平成20年11月29日(土)
温泉仲間との「甘味オフ会」に名古屋に行ってきました。

名古屋のモーニングはコーヒーを頼むとトーストと玉子が付くのがあたりまえということで一度食べてみたいと思い朝5時に富山を出発。
地元の仲間の案内でまずは全然喫茶店とは思えない外観の茶房じんのびへ。
ここの玉子は温泉玉子でした。
コーヒー400円

PB290007.jpg   PB290009.jpg

2軒目は「ゆめ庵」
ここではちょっとぜいたくに250円アップのセットを頼みました。
トーストに小倉を乗せて食べるとマーガリンと小倉が相まってとても美味しかったです
650円

PB290010.jpg   PB290012.jpg

満足したところで今回のメーン会場の「カフェ・マジョリ」へ。
住所 愛知県愛知郡東郷町大字春木字瀬戸田18
 TEL 0561-38-1723

店内はけっして綺麗とはいえません(^^)
座る座席はボロボロ。

注文したのは「エビマヨ弁当」「からあげカレー」「ハッシュドオムライス」
からあげカレーのご飯だけの重さは2.3㎏、ハッシュドオムライスのご飯はなんと5㎏です(^^)

食後のデザートにはビッグクリームソーダ。
アイスクリームのブロックが8段重ねてあります。
高さは70センチ近くも・・

料金もそんなに高くないので何もしらないで一人で1品注文したお客さんは目が点に(^^)

口直しにコーヒーを頼んで10人でなんと一人720円でした。

マジョリ4枚   メニュー3枚

楽しいランチの後は皆で温泉へ。
温泉博士を利用してみどり楽の湯へ。
良い汗を流して今宵のホテルへチェックイン。
ホテルランドマーク名古屋です
地下鉄東山線栄駅1番出口より西へ徒歩3分の好立地で朝食にコーヒー、トーストが無料サービスです。

PB290031.jpg   ホテル4枚

そして夜は近くの居酒屋伍味酉 本店へ。
手羽先はもちろん、イナゴや蜂の子、カエルまで・・
今日は朝から食べっぱなしでメタボまっしぐらです(^^)

最後は皆でコメダコーヒーの前で記念撮影して解散しました。

ゴミトリ9枚   PB290049.jpg


称明滝の野湯
平成20年11月15日(土)
温泉仲間6人と燕温泉から歩いて称明滝の野湯探検に行って来ました
雲一つ無い快晴に恵まれメンバーのテンションも上がります

NEC_0071.jpg   NEC_0076.jpg

しかし歩き始めて10分後、早くも後悔するメンバーも
歩き始めて40分後、空になっている赤倉温泉源泉の露天風呂を見てますますテンションが下がります

NEC_0113.jpg    NEC_0084.jpg

しかしまだ諦めないメンバーはさらに上を目指します。
称明滝の下にも温泉が湧いているとの情報があるためです。
どうですか、いかにも温泉が湧き出ているような色をしているではありませんか。

NEC_0089.jpg    NEC_0092.jpg

滝の近くに到着すると、そこには真新しい湯船が。
しかしここも空
しかし滝の下ではボコボコお湯が湧き出ています。
これはもう湯船を造るしかありません。
30分程で立派な湯船の完成です

NEC_0095.jpg   NEC_0096.jpg

早速入浴です。
お湯の温度は適温ですが泥やら葉っぱでけっして快適とは言えません
ましてや上から石が落ちて来ようものなら一巻の終わりです。
でもやっぱりお湯が出ていれば入りたいです。
バカですね~

P1020258.jpg   P1020257.jpg

空の湯船にもなんとかお湯をためてお清めしてから下山です。
また来年、妙高山に登ってからぜひ入りに訪れたいと思います。

P1020302.jpg    P1020305.jpg

下山してからまだ河原の湯に入ったことがないメンバーがいたので河原の湯へ。
珍しくしばらく貸切になりました。

P1020314.jpg   P1020319.jpg

最後の〆に自遊人パスポートを使って燕温泉のホテル花文でシャンプーをして中郷インター手前の国道18号線沿いの「ニューみさ」で腹ごしらえをして帰宅しました。

NEC_0120.jpg    NEC_0123.jpg
奈良田温泉 白根館
平成20年11月8日(土)
山梨県南巨摩郡早川町奈良田344にある奈良田温泉白根館に泊まってきました。

富山からはETCがなければ奥飛騨から安房トンネルを抜けて松本へ抜けるルートなんでしょうが今回はETCの通勤割引でまずは魚津から糸魚川まで。
安房トンネルの通行料金は750円ですが魚津から糸魚川まで通勤割引だと700円。
そこから白馬を抜けて松本へ向ったほうが道も広いし安全です。

東京から一緒に泊まる友人と小淵沢駅で11時に待ち合わせているので十分時間があるためまだ入ったことのない下諏訪温泉の共同湯めぐりをすることに。

まずは一番大きい遊泉ハウス児湯に。
小さいながらも露天風呂もありシャワーまで源泉です。
朝の5:30から営業しているのでうれしいです。
入浴料220円もありがたいですね。

PB080007.jpg   PB080010.jpg

次は旧中山道沿いにある旦過の湯へ。
ここも営業は5:30からで入浴料は220円

PB080011.jpg   PB080013.jpg

次は新湯へ。
ここも営業は5:30からで入浴料は220円

PB080015.jpg   PB080016.jpg

最後に菅野温泉へ。
ここは朝の5時から営業で入浴料は220円。
駐車場はありませんが近くの市営駐車場に車を止めて番台でハンコをもらうと無料です。

PB080022.jpg   PB080023.jpg

11時に友人と合流して途中で昼食を食べて白根館に到着したのは14時ちょっと前。
国道52号線から別れて白根館へ向う県道37号線は紅葉真っ盛りで素晴らしい景色が拝めました

部屋にはコタツがしてありお着きのお菓子の大粒の甘納豆はとても美味しかったです。

外観4枚   部屋4枚

いっぷくしてから早速お風呂へ。
夜に男女が入れ替わります。
お湯が良いとは噂には聞いていましたが肌にまとわりつくようなローションのようなお湯で温泉らしい硫黄臭がして聞きしに勝るほんとに素晴らしいお湯でした。
飲んでも苦味が少なく飲みやすいです。

露天風呂からも紅葉が眺められ気持ちよく入浴できます。

内湯4枚   露天風呂3枚

夕食は食事処でいただきます。
ご主人がマタギということで熊の肉を期待していましたが条例で熊を保護することになったそうで熊肉は出さなくなったようです。

朝食は五穀米の温泉粥で全体的に薄味でした。
高血圧の方にはいいかもしれませんがちょっと物足りなさを感じました。

料理9枚   PB090079.jpg

チェックアウトしてからは近くの西山温泉蓬莱館へ。
向かいの慶雲館と比べるとかなり寂れた感じですがオレンジ色の変わった湯ノ花が浮遊する内湯の混浴風呂は風情があって良かったです。

PB090102.jpg   PB090104.jpg

次は温泉博士を利用して日本第2位という高アルカリ温泉の天恵泉 白根桃源天笑閣へ。
通常は入浴料500円。
入った感じはそんなにアルカリ度が高いとは感じられませんでした。

PB090111.jpg   PB090112.jpg

次はやっぱり山口温泉へ。
入浴料500円。
相変わらずのヌルヌルアワアワの温泉に満足しすぎてみたまの湯に行けず友人と別れて須玉温泉若神楼に温泉博士を利用して仕上げの湯としました。
通常入浴料は1000円です。

山口温泉   若神楼

奈良田温泉 白根館
日本秘湯を守る会の宿

一泊二食付き12000円~
0556-48-2711 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。