FC2ブログ
きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
道東 湯めぐりツアー 2008  10日目、最終日
平成20年9月15日(月)
今日も晴れ。
今日はいよいよ北海道最終日。

最後の宿でゆっくりして9時30分にチェックアウト。
ヌプントムラウシ温泉に向います。

宿から約50分程でトムラウシ温泉との分岐となる曙橋に来ました。
ここから約13km、30分のダート道を走ると到着です。
川の向こうに見える小屋がそうです。
ここにもキャンピングカーがたくさん泊まっていました。

P9150928.jpg   P9150930.jpg

でもやっぱりお風呂には誰もいなく貸切です。
お湯と水をバルブで調整できるので適温で楽しむことができます。

P9150934.jpg   P9150945.jpg

ここの源泉は100℃近くあるのではないでしょうかブクブク湯煙を噴出しながらあふれています。
前日、ここの源泉でトウモロコシと玉子をゆでようと購入しておいたので早速ゆでてみます。

P9150935.jpg   P9150939.jpg

いや~最高に美味しいですね
ここにはトイレも非難小屋もあるのでいいですね。

NEC_0261.jpg   P9150929.jpg

ここまで5泊をともにした息子と夕張の物産館でお別れです。
私はフェリーに乗るために苫小牧へ。
放浪の旅を続ける息子は札幌へ向うそうです。

夕張メロンソフトで乾杯です。

P9150947.jpg   NEC_0266.jpg

新潟行きのフェリーが出るのは苫小牧東港の周文埠頭というところです。
苫小牧港から約25km、30分はかかりますので注意が必要です。
綺麗なお月様がお見送りです。

P9150955.jpg   P9150953.jpg

苫小牧からのフェリーは秋田港にも寄るので新潟港までの所用時間は20時間。
のんびり風呂にはいったり海を眺めたりしてすごします。

朝5時30分に綺麗な日の出です。

P9160958.jpg   P9160962.jpg

北海道の方を見て旅の思い出にふけります。

いよいよ新潟港に入港です。
前方から来るのは佐渡汽船です。

P9160995.jpg   P9161043.jpg

今回の旅の日程表です。
初日と2日目の日程を入れ替えたくらいでトラブルもなくほぼ計画通りにすすみました。
天気に恵まれてほんとに良かったです。

今回の総走行距離は2580km、トータル燃費は19.4km/Lでした。

道東湯めぐりツアー2008     P9161063.jpg
スポンサーサイト



道東 湯めぐりツアー 2008  9日目
平成20年9月14日(日)
今日も晴れて良い天気
チェックアウトしてまず向ったのはホースから綺麗なお湯が出ているという情報を元にその場所に行ってみる事に。
宿から15分程で難なく見つけることができました。
情報通り綺麗なお湯が出ています。
温度は36℃くらいでしょうか?
体温とほぼ同じくらいだと思います。
少し硫黄臭がします。
芽登温泉のお湯とよく似た感じです。

早速持ってきた秘密兵器にお湯をためます

P9140769.jpg   P9140772.jpg

湯量が豊富なのですぐにたまります。
掛け流しで快適な入浴を楽しみました。

P9140778.jpg   P9140780.jpg

ここしばらくお昼はパンをかじりながらの湯めぐりだったので今日は久しぶりに美味いものが食べたくなり帯広へ。
六花亭本店でマルセイバターサンドを購入しクール宅配便で自宅へ送る手続きをすませて有名な豚丼を食べにぱんちょうへ。

11時30分でこの順番待ちです。
今日は3連休の真ん中ですししかたがありません。
待つこと50分。
要約ありつけました。
肉はやわらかくタレも美味しく並んだ甲斐がありました。
豚丼もいろいろあるみたいですがとりあえず元祖のお店の味を知らないと他を語れないと思いここを選びました。
画像は梅です。
店の女将さんの名前が梅さんなので普通は松竹梅では松が一番高いのですがここでは梅が上です。
ちなみに一番高いのは華で1250円。
梅は1050円です。
ご飯の量は同じで肉の量が違うらしいです。

P9140786.jpg   P9140789.jpg

食べたあとは今宵の宿かんの温泉へ直行です。
ここも日本秘湯を守る会の宿です。
旧舘で一泊二食付き税込み11550円です。

部屋には持ち込み用の冷蔵庫がありました。

外観   部屋

早く宿に来た目的は宿の近くのユーヤンベツ川の川沿いに点在する露天風呂に入るため。
浴衣に着替えてさっそく出かけます。

名前はよくわかりませんが入った湯船です

P9140837.jpg   P9140841.jpg

P9140843.jpg   P9140849.jpg

P9140852.jpg   P9140858.jpg

少し戻ってキャンプ場の奥にある鹿見の湯です。

P9150917.jpg   P9150914.jpg

鹿見の湯の側にある2つの湯船です。
左画像の湯船は激熱なので気合ではいります

P9150915.jpg   P9150916.jpg

宿に戻って今度は宿の中で湯めぐりです。

まずは2つの湯船がある混浴露天風呂。
茶褐色のお湯です。
丸い湯船は熱く四角い湯船は適温です。

P9140826.jpg    P9140822.jpg

内湯も貸切で使用する小浴場を除いてすべて混浴です。
でもちゃんと女性専用時間もあるので混浴が嫌な人は女性専用時間に入ればいいでしょう。
でもけっこう気にせず入ってこられますけどね。

左は貸切で使用する小浴場、右は昔の露天風呂の岩風呂です。

P9140806.jpg   P9140812.jpg

大浴場です。
泉質が違う3つの湯船があります。

P9140876.jpg   P9140873.jpg

中浴場には泉質の違う2つの浴槽です。
ここは宿泊すると男性は夜中から朝しか入れません。

P9140880.jpg   P9150904.jpg

食事は部屋でいただきました。
持ち込みした飲み物が飲めるのはいいのですが料理がさめてしまっているのは残念です。
せめてお酒を頼んだら味噌汁だけでも後から暖かいのが飲みたいですね。

朝食は食堂でいただきます。

P9140881.jpg   P9150922.jpg

住所 北海道河東郡鹿追町然別峡
0156-66-2848

道東 湯めぐりツアー 2008  8日目
平成20年9月13日(土)
今日は朝から気持ちよく晴れてます。
チェックアウトして車で5分程の神秘の湖オンネトーへ。
朝早くからたくさんの観光客が訪れていました。
湖面が光を反射してなんとも言えない美しさです。

P9130606.jpg   P9130618.jpg

息子の車を道の駅足寄に泊め1台で糠平温泉へ。
まずは中村屋
ここで湯めぐり手形を1200円で購入。
そうすれば幌加温泉の2軒の宿を含めた8軒の宿の中から3軒のお風呂に入れます。
温泉手形を買ったからなのかわかりませんが湯上りにコーヒーと自家製のポテトチップをいただきました。

混浴露天風呂と内湯です。
内湯はもう一つ花型の湯船があり男女交代するみたいです。

P9130627.jpg   P9130633.jpg

次は温泉手形が使えない湯元館
入浴料500円
日帰り入浴時間 10:00~21:00

ここにも川沿いに混浴露天風呂があります。

P9130641.jpg   P9130637.jpg

次は日帰り入浴時間が11時30分からの糠平館観光ホテル

森の中の混浴露天風呂「仙郷の湯」はなかなか良い雰囲気でした。

P9130655.jpg   P9130657.jpg

次は幌加温泉に行こうと思いましたがその前に無料で入れる野湯の岩間温泉に入ってからのほうがいいと思い先に岩間温泉へ。
国道273号線からダート道を12km、約20分で到着です。
たくさんのキャンピングカーが来てましたがちょうどお昼時で貸切で楽しめてよかったです。

P9130671.jpg   P9130664.jpg

十分楽しんで幌加温泉へ。
まずはホロカ温泉。
カルシウム泉、硫黄泉、食塩泉の3種類のお湯が楽しめます。
どうですかこの素晴らしい温泉成分でできた床の模様。
混じりけ無しのお湯のなせる造形美です。
川沿いに混浴露天風呂があったのですがマナーが悪い人が多いので残念ながら閉鎖したそうです。

P9130680.jpg   P9130681.jpg

次は一番奥の鹿の谷旅館。
入浴料500円。
日帰り入浴時間 8:00~21:00
ホロカ温泉が入浴料300円なのでここで温泉手形を使うべきでした。
大失敗です
内湯も露天風呂も混浴です。
露天風呂からの眺めは最高です。

P9130698.jpg   P9130701.jpg

次に糠平湖畔に沸く幻の野湯「さわと温泉」に行ってみようと思いましたがゲートが閉ざされ断念。
しかしタウシュベツ川橋梁が見れました。

P9130709.jpg   P9130710.jpg

お昼はパンを食べただけなので道の駅足寄に戻りブルベリーソフトを食べました。
ソフトクリームのバックに見えるのは足寄湖です。

P9130713.jpg   P9130716.jpg

今宵の宿は芽登温泉
日本秘湯を守る会の宿です。
トイレは共同の湯治館で一泊二食付きで土曜日だったので8000円(税込み)でした。
部屋は6畳、廊下に共同の冷蔵庫もあり、共同トイレはシャワートイレでした。

P9130719.jpg   部屋

混浴露天風呂です。
女性専用露天風呂もあるようです。

P9130728.jpg   P9130729.jpg

内湯です。
手前は熱く奥は温めです。
無色透明の綺麗なお湯です。

P9130726.jpg   P9130732.jpg

夕食は食堂で。
一気に出ます。
料金を考えれば十分満足する内容です。

P9130734.jpg   P9140749.jpg

住所 北海道 足寄郡 足寄町 芽登 2979番地
0156-26-2119