きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新平湯温泉「静岳館」と飛騨牛てっちゃん
平成20年3月29日(土)
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根681にある新平湯温泉静岳館に素泊まりして道路を挟んで斜め向かいにある奈賀勢食堂で飛騨牛のてっちゃんを食べてきました。

「静岳館」は素泊まり4880円と冬季は一部屋につき暖房代500円が加算されます。
お部屋は全て和室。
決して豪華な設備などはありませんが、掃除は行き届いていて廊下を裸足で歩いても平気です。
全室無線LAN対応となっているので仕事でとまるのにもいいですね。

IMGP1804.jpg   IMGP1732.jpg


浴衣、バスタオル、歯ブラシは用意されています。
女性には露天風呂が混浴のため湯浴着が用意されています。
素泊まりですけどお着き菓子は付いてます。

IMGP1733.jpg   IMGP1734.jpg


混浴露天風呂です。
画像右端のドアがが女性出入り口、半開きが男性出入り口、一番左端のドアが貸切風呂からの出入り口です。
けっこう広いので混浴していてもあまり気にはならないと思います。
お湯の温度もちょうど良い温度でした。

IMGP1802.jpg   静岳館入浴500


左が男性の内湯で右側が貸切風呂です。

IMGP1791.jpg   IMGP1792.jpg


夕食は斜め向かいの奈賀勢食堂で飛騨牛のてっちゃんです。
「てっちゃん」が1人前800円「とんちゃん」が1人前650円です。
「てっちゃん」が純粋な飛騨牛の大腸だけで「とんちゃん」は飛騨牛の内臓いろいろですが安い「とんちゃん」のほうがモツ好きにはいいかもしれませんね。
鍋の出汁で作ったラーメンと雑炊は絶品でしたね。

IMGP1767.jpg   奈賀勢4枚全部ぼかし


0578-9-2410 
一泊二食付き 9500円~
スポンサーサイト
荒城温泉「恵比須之湯」
平成20年3月22日(土)
岐阜県高山市丹生川町折敷地415にある荒城温泉「恵比須之湯」に入ってきました。
できてからまだ5年くらいしか経っていないのに温泉成分の積質物で檜の湯船や床が覆われていていかにも濃い温泉というのがわかります。
源泉(25.5℃)の浴槽も新たにできていてとても良かったです。

外観と内湯です。

P1000455.jpg   IMGP1687.jpg


露天風呂と源泉浴槽です。

IMGP1692.jpg   IMGP1690.jpg


休憩所やオリジナルタオルもありました。
トマトジュースは濃厚でとても美味しくお薦めです。

IMGP1696.jpg   IMGP1695.jpg


0577-78-2877
入浴料 500円
営業時間 13:00~21:00
毎月第一、第三金曜日休み
宮崎鉱泉と小川温泉不老館
平成20年3月15日(土)
前回時間の関係で入ることができなかった富山県下新川郡朝日町宮崎1352にある宮崎鉱泉にようやく入ることができました。
営業時間が16時からということでしたが到着したのが15時30分。
鍵は開いていたのでとなりの漁協のお母さんに入れるのか聞いたらお湯が入っているのを確認してくれて

「電話しておいてあげるから入っとられ」

と言われ一番風呂をいただきました~\(^o^)/
入浴料は350円なんですね。

外観と脱衣場です。
むかしのまんまです。

IMGP1493.jpg   IMGP1489.jpg


浴室はタイル張り。
お湯は褐色がかっていていかにも暖まりそうです。
私が入ったときはお湯はまだ熱くなる前でしたがかなり熱くなるようです。

IMGP1487.jpg   IMGP1490.jpg


0765-82-1372
営業時間 16:00~21:00 

気を良くして富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1にある小川温泉不老館へ 。

チェックインの前に冬季閉鎖されている洞窟風呂がどうなっているのか探検に行ってきました。
結果はお湯がちゃんと出ていました~\(^o^)/
行くまでの道はまだ雪に閉ざされていますが長靴を履いていけば大丈夫です。

IMGP1497.jpg   IMGP1496.jpg


湯船は掃除をしていないので葉っぱがたくさん浮いて汚れていましたがお湯はじゃんじゃんでているので入るのにはまったく問題ありません。
温度は38℃くらいでしょうか。

IMGP1501.jpg   IMGP1507.jpg


入った後は湯滝に打たれて体を清めます(^^)

洞窟入浴400   IMGP1508.jpg


夜の宴会も盛り上がりました\(^o^)/

IMGP1515.jpg   IMGP1519.jpg


かんぱ~い

乾杯   IMGP1520.jpg


0765-84-8112
素泊まり3300円
チェックイン 12:00
チェックアウト 12:00
花仙庵・仙仁温泉 岩の湯
平成20年3月2日(日)
誕生日の前祝に仙仁温泉 岩の湯に日本秘湯を守る会のスタンプ無料ご招待で行ってきました。
日本秘湯を守る会の加盟旅館に泊まると1泊ごとにスタンプ帖にスタンプを押してもらい10個貯まると泊まった中から一ヶ所に一泊二食付きの無料ご招待で泊まることができるのです。

会員宿でも一泊二食付きで8000円で泊まれるところもあれば仙仁温泉のように30000円近くもする宿があるわけなので当然ながらご招待で行く宿は10軒の中から一番高い宿になってしまいますね(^^)
スタンプ帖12冊目380


ということで朝のETC通勤割引を使い糸魚川ICまで行きそこからは白馬経由で長野市へ。
ここに来たらやっぱり松代にある加賀井温泉一陽館に寄らずにはいられません。
温めのお湯にまったり1時間浸かってました。

IMGP1314.jpg   IMGP1322.jpg


お腹がすいたところでお友達に教えてもらった長野市川中島町御厨829-2にあるラーメン「ゆいが」へ。
信州といえばお蕎麦のイメージでしたがラーメンもなかなか美味い。
トロ豚ラーメン、焦がしソバ、つけ麺と味見してみましたが画像のつけ麺が一番美味しかったです。

IMGP1325.jpg   IMGP1329.jpg


満足したところで宿に向かいます。
宿のチェックインは14時、チェックアウトが12時なのでのんびり過ごすことができます。
今回は加賀井温泉でのんびりしすぎたたのとラーメン屋さんでの待ち時間があったのでチェックインは14時20分になってしまいました。
宿の駐車場に車を止めるとどこで見ていたのかマントを着たお兄さんが駆け寄ってきて荷物を持ってくれ玄関まで案内してくれます。

IMGP1330.jpg   IMGP1332.jpg


宿に入ると落ち着いたロビーでお茶と和菓子のもてなしです。
おひな祭りが近いのであられも置いてありました。

お菓子380


一息ついたところで部屋に案内していただきます。
部屋でもお茶とお菓子で一服です。

IMGP1335.jpg   IMGP1334.jpg


私の誕生日ということでお友達からケーキいただきありがたくいただきました。
ほんとにありがとうございました。
宿からも湯飲み茶碗をプレゼントしていただきました。

IMGP1339.jpg   IMGP1414.jpg


ケーキをいただいたところで洞窟風呂へ。
お湯の温度は低いのに洞窟内はちょうどいい温度になってます。
不思議ですね~

IMGP1390.jpg   IMGP1351.jpg


内湯と貸切露天風呂の一つ「無想の湯」です。

IMGP1341.jpg   IMGP1447.jpg


いよいよお楽しみの夕食です。
落ち着いた個室でいただきます。
演出がたまりませんね。
食前酒の濁り酒は竹筒に入ってきてぐい飲み3杯は入ってます。

笹の葉たっぷりの上にあまごの塩焼きが乗って出てきます。
熱々のパリパリで頭まで全部食べることができます。

IMGP1409.jpg   IMGP1411.jpg


岩魚の姿造りと鯉のおすましです。

IMGP1415.jpg   IMGP1417.jpg


「石焼ステーキ」と「ちりむし」です。
その他に「杉の香焼き」があり3種類の中から一つを選べます。
一番人気はやっぱりステーキですかね。

IMGP1419.jpg   IMGP1420.jpg


梅酒ゼリーと松代芋の茶巾蒸しです。

IMGP1421.jpg   IMGP1424.jpg


酢の物の「根菜盛り」と岩魚ご飯です。
岩魚ご飯はグッド

IMGP1425.jpg   IMGP1427.jpg


デザートと心ばかりの夜食です。

IMGP1428.jpg   IMGP1430.jpg


朝食は朝の8時から10時の間の好きな時間に行けばいいというのもうれしいですね。
チェックアウトが12時だからできるのでしょうね。
和食と朝食どちらかを選ぶことができます。
個人的には和食の蕎麦粥がお気に入りです。

IMGP1432.jpg   IMGP1433.jpg


食後のコーヒー、デザートとチェックアウトの時に出される昆布茶です。
帰りは車が見えなくなるまで手を振って見送ってくれてます。
料金は高いですがそれに見合った行き届いたおもてなしはほんとに素晴らしいと思います。

IMGP1442.jpg   IMGP1451.jpg


026ー245-2453
日本秘湯を守る会の宿

チェックアウトしたらもう12時すぎ。
小布施に立ち寄りお土産を買い、小腹がすいたところで温泉仲間お奨めのお蕎麦やさんへ。
上高井郡小布施町中松872-9にある「せきざわ」です。
026-247-5652
料金はたかめですがお奨めだけあってとても美味しかったです。
蕎麦餅もなかなかグッド。
「むらくも」というそば粉入り蒸しようかんもそんなに甘くなくて美味しかったです。

IMGP1452.jpg   蕎麦「せきざわ」


帰りに道の駅白馬の裏にある龍神温泉「おぶや」に立ち寄り今回の旅の〆にしました。

龍神温泉おぶや380


入浴料800円
0261-75-3311


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。