きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川温泉不老館で鰤しゃぶ~(^^♪
平成20年2月23日(土)
富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1にある小川温泉不老館でその日の朝獲れた寒鰤を鰤しゃぶ用に半身さばいてもらい集まった仲間と楽しく飲んで食べてきました(^^♪

IMGP1307.jpg  IMGP1296.jpg


全員が集まるまでは手作りおでんと塩するめで一杯です

IMGP1298.jpg  IMGP1300.jpg


みんなが集まったところでいよいよしゃ~ぶしゃぶです(^^)

IMGP1303.jpg  IMGP1301.jpg  


キトキトなのでもちろん刺身でもOKです。

IMGP1304.jpg  IMGP1302.jpg


来年もまたやりたいと思います(^^)v
スポンサーサイト
小川温泉不老館
平成20年2月15日(金)
富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1にある小川温泉不老館にまたまた行ってきました~
内湯の窓を開放して眺める雪もいいもんですね。

360.jpg


0765-84-8112
岡山への旅 3日目、最終日
平成20年2月11日(月)
明け方まで飲んでいたというのに朝5時30分に起床し砂湯の上部にお湯が出ているということでスコップを持って有志による野湯探検です(^^♪
けっこうな量のお湯が出ています。

IMGP1242.jpg 野湯


朝食のパンをいただき解散したのは11時過ぎ。
今日は福井市内まで戻る予定です。

解散してまず向かったのは三朝温泉の共同湯「株湯」
木の切り株から湧き出ていたといういわれで三朝温泉の元湯とも言われています。
入浴料は200円
源泉そのままの掛け流しで少々熱めです。

IMGP1252.jpg IMGP1254.jpg


IMGP1253.jpg IMGP1255.jpg


次は三朝温泉から鳥取市内に向かう途中の県道から少し入ったところにある吉岡温泉の共同浴場吉岡温泉館へ。
けっこう熱めのお湯が湯船からあふれていました。
入浴料 200円
入浴時間 8時から22時

IMGP1258.jpg IMGP1260.jpg


お風呂から上がるともう14時近く。
これで湯めぐりはおしまいにして福井へ急ぎます。
朝は中途半端に食べていたのであまりお腹がすかず道の駅但馬蔵で焼き芋ソフトと栗おこわ饅頭を食べましたが焼き芋ソフトは美味しかったですね。
お奨めです。

NEC_0099.jpg NEC_0100.jpg


そして福井市開発町6-6-1にある今宵の宿、リライムに到着したのは20時30分。
温泉施設やスポーツジム、プールとホテルが併設するコミュニティリゾートです。
ホテルの部屋はシングルとはいえ広々としていて良かったです。
温泉施設はサウナを楽しんだり体を洗う場としては清潔感があって良かったです。

0776-52-5400

IMGP1266.jpg IMGP1261.jpg


IMGP1263.jpg IMGP1265.jpg


翌日はまた下道でちんたら自宅へ戻ります。
意外と早く2時間30分で高岡市内にある「らうめん ひだまり」に到着
ひだまりラーメン白スープと餃子を食べました。
ラーメンの900円は少々高いと思いますが食後のコーヒーが無料ということで良しとしましょう。

IMGP1267.jpg IMGP1268.jpg


今回の総走行距離は1270km
燃費は18.4Km/L
消費したガソリンが69Lで145円計算だと約1万円。
高速道路代金は小杉から敦賀までの深夜料金の2950円でした。

メーター400 2
岡山への旅 2日目
平成20年2月10日(日)
2日目の朝は雪です。
砂湯に行こうとも思いましたが寒いのでやめました(^^)
9時少し前にチェックアウトしていよいよ3年前のリベンジに真賀温泉へ。
入り口のゲートが温泉情緒を引き立てています。

NEC_0098.jpg IMGP1175.jpg


混浴の「幕湯」は岩の割れ目に差した竹筒から源泉があふれ出ています。
肌にやさしい素晴らしいお湯に感激です(^^♪
目にもいいようで目を洗う人もいました。
ここのお湯も温くて長湯する人が多いです。
入浴料が安いのも魅力的ですね。
ここも人が多くて写真が撮れず観光協会とヤフートラベルの画像をいただきました。

IMGP1179.jpg IMGP1180.jpg


幕湯 真賀温泉


次はやはり湯船の底の岩からお湯が湧き出ている郷禄温泉へ。
ここのお湯の透明度は抜群ですね。
ここのお湯も温いので横には加熱した浴槽もあり交互にはいると新陳代謝が良くなりそうです。
お風呂は一箇所しかないため30分ごとの貸切交代制です。

岡山県真庭市湯原町本庄712   
日帰り 10:00~16:00 
入浴料 500円

IMGP1185.jpg IMGP1186.jpg


湯船と湯船の底です。

IMGP1191.jpg IMGP1187.jpg


ここで温泉仲間と合流して奥津温泉に行きましたが川沿いにある洗濯場のお風呂には入らないでくださいとの案内板が。
入浴施設の「花美人の里」は入浴料が1000円だったので入りませんでした(^^)

IMGP1196.jpg IMGP1197.jpg


気を取り直して今日泊まる皆さんとの待ち合わせ場所である鏡野温泉へ。
プレス会社の駐車場の片隅にある穴場的な温泉です。
もともとは会社の福利厚生施設だったようですが一般開放されていて営業は15時からと遅めです。
入浴料は500円。

IMGP1202.jpg IMGP1201.jpg


IMGP1205.jpg IMGP1208.jpg


そして今宵の宿の真賀ホテルへ。
今回は離れの一軒家を貸切で利用させていただきました。
1階と2階に入り口と自炊場があるので別々のグループで使うこともできるようです。
素泊まり2500円というのはありがたいです。

IMGP1178.jpg IMGP1221.jpg


1階の部屋と2階の部屋です。
部屋はそれぞれ2部屋?だったかな。
IMGP1211.jpg IMGP1212.jpg


炊事場には冷蔵庫、電子レンジ、食器などが揃っています。

IMGP1213.jpg IMGP1214.jpg


真賀ホテルには内風呂のような露天風呂が一箇所しかないので男女別、またはグループごとの交代制で予約しておくとフロントから空きましたという連絡がきます。

食事はしし鍋でした。
お酒もすすみ楽しい夜は更けていきました。

IMGP1222.jpg IMGP1230.jpg
岡山への旅 初日
平成20年2月9日(土)
3年前に岡山へ行ったときに台風による倒木で真賀温泉への道がふさがれ入れなかったので今回リベンジの旅にでかけてきました。

朝3時に自宅を出て小杉ICから敦賀ICまでETCの深夜割引を利用しただけであとは全部下道で湯めぐりの旅です。

まず今回の旅の1湯目は京都府京丹後市久美浜町平田1106-4にある久美浜温泉湯元館
到着したのは8時50分。
岩から流れ落ちる源泉で露天風呂は湯気でもうもうです。
加熱もしていない天然お湯が惜しげもなく掛け流されています。
この時期露天風呂は少々温めですがこれがまた長湯するには最高だと思います。
営業時間が朝の8時から夜の9時までというのも嬉しいです。
入浴料は400円

IMGP1074.jpg IMGP1086.jpg


次は全国的にも有名な城崎温泉へ。
今回初めての訪問です。
入浴したのは外湯の一つの「一の湯」
入った途端にカルキ臭が鼻をつきました。
塩素のせいでお湯も肌にピリピリ、早々に退散しました。
宿のお風呂はどうなんですかね~?
泊まったことがある方ぜひ教えてください。
温泉街の雰囲気はいいんだけどね~

IMGP1096.jpg IMGP1095.jpg


次に向かったのは城崎温泉から車でわずか10分足らずのところにある円山川温泉。
円山川沿いに建つ日帰り入浴施設ですが城崎温泉の近くにありながらあまり知られていないようです。
この日も私の他にはお客さんが4人しか入っていませんでした。
しかしお湯は源泉掛け流しで少し緑がかったお湯が湯船からあふれ出ています。
温めのためにゆっくり入ることができます。
営業時間は11時から22時30分
入浴料は500円

IMGP1108.jpg IMGP1099.jpg


内風呂です。
飲用もできます。

IMGP1103.jpg IMGP1107.jpg


ここらでお腹もすいてきたのでなにか海の幸でも食べたいなと思い香住漁港へ。
ここにあった食事処が閉まっていたので漁港で働く方に教えてもらった三七十鮨へ。
ここで海鮮丼をいただきました。
のど黒の味噌汁もグッド
お土産で買った焼き鯖鮨もめっちゃ美味しかったです(^^♪
夕日が見れる三七十館という旅館もやってるそうです。

IMGP1114.jpg IMGP1118.jpg


IMGP1116.jpg IMGP1117.jpg


お腹も膨れて満足したところで七釜温泉へ。
昔ながらの共同湯に入ろうと思っていたのですが施設が古くなったので最近建て替えしたようです。
お湯は昔と同じ源泉掛け流しだし昔からの釜風呂は受け継がれていて良かったです。
人が多くて写真を撮れなかったので湯船画像は施設のHPから引用させていただきました。
入浴料は500円

IMGP1120.jpg 七釜温泉


次は湯村温泉の荒湯源泉のすぐ前にある共同湯「薬師湯」へ。
とても熱くて長湯はできません。
目覚めのお湯としてはいいかもしれませんね。
荒湯源泉でつくる「荒湯たまご」は有名みたいですね。
入浴料300円

IMGP1121.jpg IMGP1122.jpg


川沿いには足湯もありました。

IMGP1123.jpg IMGP1126.jpg


鳥取県に入って時間も15時を過ぎたので本日最後に立ち寄ったのは鳥取県鳥取市気高町下光元690 にある宝喜温泉へ。
湯量も豊富で無色透明な肌にやさしいお湯がドバドバと掛け流されています。
ここも人が多くて写真を撮れなかったのでHPから画像を引用させていただきました。
入浴料は420円

IMGP1127.jpg 宝喜温泉


そしていよいよ山越えして岡山県に。
県境の雪の量には驚きです。

IMGP1129.jpg IMGP1130.jpg


そして今宵の宿、岡山県真庭市湯原温泉145にある湯原温泉のたねや旅館に付いたのはもう薄暗くなった17時30分でした。
今日の走行距離は550kmでした。
今回は素泊まりでのおじゃまです。
平日でしたら4,875円(税込)なのですが3連休とあって6,975円(税込)でした。
館内はとても清潔とは言えず、浴衣も湿っぽく今時珍しい石油ストーブで乾燥させてから着ました(-_-;)

IMGP1132.jpg IMGP1162.jpg


宿に着いてすぐに大阪からきてくれた温泉仲間と近くのモツ屋「金海ホルモン店」で食事です。
ここのモツはほんとに美味しいです。

IMGP1135.jpg IMGP1134.jpg


そして満足したところでキャンドルで飾られた砂湯へ
キャンドルに囲まれてはいる雰囲気はロマンチックですね。

IMGP1141.jpg IMGP1144.jpg


体が冷えたので宿のお風呂で温まって眠りにつきました。
宿のお風呂は貸切風呂と暖簾を入れ替えて男女交代制の岩風呂大浴場があり源泉掛け流しです。

IMGP1159.jpg IMGP1165.jpg

境鉱泉とグリル松
平成20年2月2日(土)
富山県下新川郡朝日町境307にある境鉱泉に入ってきました。
ちょっと用事があって行ったのですが腹ごしらえで入った「グリル松」の餃子ピザがとっても美味しく気に入りました(^^)

IMGP1057.jpg IMGP1062.jpg


本当は宮崎にある「宮崎鉱泉」が目当てだったのですが午後4時からの営業ということで断念し境鉱泉に入りました。

国道8号線沿いにあり看板も目立つのですぐにわかると思います。
駐車場も広く外観はとてもお風呂屋さんには見えません。
中も綺麗で掃除も行き届いているようです。

IMGP1073.jpg IMGP1070.jpg


お湯は少し茶色っぽく濁っていてとても肌触りが良いお湯ですごく暖まりました。


IMGP1067.jpg IMGP1069.jpg


0765-82-0658
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。