きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海鮮丼と島道鉱泉、大平やすらぎ館
平成19年8月26日(日)駒の湯山荘で山の幸をいただいたので帰りは海の幸が食べたいという同行者の願いを叶えるためとりあえず高速道路には乗らずに下道で海岸に出ました。
海岸線を走ればなにかあるだろうと上越から糸魚川方向に車を走らせると道の駅「マリンドリーム能生」の少し手前に期待に答えてくれそうな店を発見。
その名は船小屋料理 シーサイド磯貝
期待通りの美味しい海鮮丼に一同満足
味噌汁をタラ汁に変更してもらい税込み2100円でした。
300円で変更できるので絶対に変更することをお奨めします。

IMGP7877.jpg IMGP7878.jpg


満足したところでちょっと一風呂ということで能生インターから約15分の鉾ヶ岳の登山口にある島道鉱泉に。
なかなか鄙びたたたずまいと渋いお風呂に満足ですが湯船がヌルヌルなのが泉質のせいなのか掃除をしていないからなのか微妙です

20070903213113.jpg IMGP7884.jpg


そこでお清めに洗髪と体を洗いに少し戻ったところにある「大平やすらぎ館」へ。

ここはミニゴルフ場の施設内にあるため大変混雑していてゆっくり入ることができませんでした。

IMGP7892.jpg IMGP7894.jpg


島道鉱泉 0255-66-2717
入浴料 300円
営業時間 10時~?とりあえず行ってみてね

大平やすらぎ館 025-566-5512
入浴料 250円
営業時間 10時~19時
スポンサーサイト
駒の湯山荘
平成19年8月25日(土)
新潟県北魚沼郡湯之谷村にある駒の湯山荘に行ってきました。
暑い夏にぴったりの温泉として夏の恒例になりつつあります。
日本秘湯を守る会の宿です。

チェックインは12時からと嬉しいのですがその前に腹ごしらえです。
関越自動車道の小出ICを降りて国道352号線を駒の湯方向に向かいシルバーライン入り口を過ぎてすぐにある囲炉裏じねんで山菜定食をいただきました。
これで1000円は安いですね。
今度は囲炉裏料理を食べてみたいものです。

IMGP7819.jpg 20070829213950.jpg


宿に着いたのは14時。
この時期はたくさんのアブが出迎えてくれます。
アブは車の排気ガスに寄ってくるので到着したらすぐにエンジンを切らないとうじゃうじゃに集まってきます。
宿の出入り口には蚊帳を張ってアブの侵入を防いでいます。

IMGP7871.jpg IMGP7867.jpg


IMGP7841.jpg IMGP7855.jpg


部屋にはすでに布団が引かれていました。
自家発電のため、部屋には冷房もテレビも冷蔵庫もありません。

IMGP7843.jpg IMGP7844.jpg


部屋にいても暑いので涼みにお風呂へ。
源泉温度33℃のお湯がドバドバと惜しげも無しに掛け流されています。
体が冷えると横にある加熱浴槽で温まります。
これを繰り返すのがここの温泉の入り方なのです。

20070829214333.jpg IMGP7864.jpg


夕食は17時30分から食堂でいただきます。
ご主人から料理とランプの取り扱いについての説明があります。
牛肉のユッケは美味しかったです。

IMGP7861.jpg 20070829214450.jpg


朝食も同じく食堂で。
定番の大粒納豆は確かに美味しいです。
コーヒーが自由に飲めるのもうれしいサービスですね。

IMGP7853.jpg IMGP7854.jpg


そうそう宿の廊下には画像のオオクワガタと嫌われ者のカメムシが埋め込まれています。
泊まりに行ったら探してみてくださいね。

IMGP7858.jpg IMGP7859.jpg


一泊二食付き 9000円~13000円

チェックイン: 12時 

チェックアウト: 10時

090-2560-0305

日帰り入浴
8:00~17:00
料金 大人500円、子供250円


ひらゆの森
平成19年8月19日(日)
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1にあるひらゆの森で開催された日本秘湯に入る会のイベントに参加してきました。
入る会のシンボル「オレンジタオル」のリレー走者として9月1日(土)に神代温泉で行われる富山大会で石川県にバトンタッチする役を引き受けたのです。

ひらゆの森は館内は古民家を移築した落ち着きのあるたたずまいで休憩所もありゆっくり休むことができます。
露店風呂も内湯も広々として湯船もたくさんありゆったり湯浴みができます。

IMGP7766.jpg IMGP7770.jpg


館内で売られていた「とまと饅頭」ほんのりトマト味のアンコがなかなか美味しかったです。
帰りは新平湯温泉にある「うな亭」で鰻ちらしを食べて帰りました。

IMGP7771.jpg IMGP7772.jpg


0578-89-3338 
入浴料金/大人 500円、子供(3~12才)400円
営業時間/AM 10:00 ~ PM 9:00
白馬岳 蓮華温泉ロッジ
平成19年8月11日(土)
毎日暑い日が続くのとペルセウス座流星群が見れるということで新潟県側からの北アルプスの登山口、標高1,475mの白馬岳 蓮華温泉ロッジに泊まりに行って来ました。
日本秘湯を守る会の宿です。

宿にはテレビ、冷蔵庫、ポットはもちろん、浴衣、歯ブラシ、タオルなどのアメニティグッズは何一つありません。
しかも自家発電のため夜9時になると全館消灯。
部屋でも懐中電灯が必要です。

IMGP7635.jpg IMGP7636.jpg


受付と玄関脇にある飲み物の入れです。
みくりが池温泉の生ビールが600円なのにここの700円はちょっと高いな~

IMGP7666.jpg IMGP7667.jpg


夕食は18時から、朝食は6時からです。
なんか以前よりも内容が悪くなったような気がしました。
ほんとの山小屋とあまり変わらりません。
先週みくりが池温泉に泊まったので余計にそう感じるのかな?

IMGP7642.jpg IMGP7654.jpg


夜はしっかり星も見れたし朝は気持ちよく晴れて爽やかな空気の中、露店風呂と雄大な景色を堪能できました。
思わずバンザイ!!

内湯は夜9時以降は上がり湯は止まりますが朝7時30分から10時の清掃時間以外はいつでも入ることができます。
一応内湯にはリンスインシャンプー、ボデーソープはあります。

20070813061506.jpg 20070813061536.jpg


チェックインも早くできるけどチェックアウトも8時30分と早いので15時30分までは広間が開放されています。
ここに荷物を置いてゆっくりお風呂は満喫できます。
私たちは11時過ぎまでゆっくりしていました。

IMGP7669.jpg IMGP7718.jpg


一泊二食付き8500円
個室利用料4000円(1~6人)
090-2524-7237(現地直通電話)

白馬岳蓮華温泉ロッジ事務所 025-552-1063
新潟県糸魚川市横町5-5-14

劔岳目指して その3
平成19年8月4日(土)
剣山荘出発は7時15分。
風が強いのとガスがかかっていますが雨は降ってはいません。
助かります。

忘れていましたがけっこうお花もたくさん咲いていました。

20070812202423.jpg 20070812202445.jpg


みくりが池温泉に電話して満室だったら帰ろうと思っていましたがラッキーなことに台風のおかげでキャンセルが出たらしく泊まることができました。

途中、写真を撮ったりコーヒーを飲んで休んだりしてみくりが池温泉に着いたのは10時50分。
まだ部屋に入ることはできなかったので早速お風呂に。
やっぱり温泉はいいですね~

IMGP7516.jpg IMGP7544.jpg


風呂上りはやっぱりニャマ
お薦めのゲンゲの天ぷらが載った「みくり丼」も食べてみましたが美味かったです。

IMGP7467.jpg IMGP7469.jpg


12時40分、ようやく部屋に入りました。
なにもないシンプルな部屋でした。
今夜は6畳の部屋に5人とちょっと窮屈。
夕食までは飲んでは、風呂の繰り返しでのんびり過ごしました。

IMGP7476.jpg IMGP7479.jpg


地獄谷で作った黒タマゴと生ブルーベリーソフトクリームは美味しかったです。

IMGP7471.jpg IMGP7475.jpg


夕食は19時から、朝食は朝6時~8時の間でのバイキングです。
山小屋と見れば納得のいく料理内容です。

IMGP7495.jpg 20070812205401.jpg


トイレがシャワートイレなのには驚きました。
素晴らしい!!

朝起きると天気予報とは裏腹に快晴
こんなことなら仙人温泉に行けば良かったと悔やまれますがまたいつかリベンジしましょう。
宿から地獄谷へ降りる階段脇で雷鳥をみつけました。

IMGP7538.jpg IMGP7554.jpg


あまりにも天気がいいので8時30分にチェックアウトして浄土山と龍王岳に登ってきました。
いや~ほんとに充実した山行ができて良かったです。

帰りは室堂発14:00の富山駅直行バスで帰りました。

IMGP7612.jpg 20070812210702.jpg


みくりが池温泉
富山県中新川郡立山町室堂平 
076-465-4595
一泊二食付き8550円
日本秘湯を守る会の宿
劔岳目指して その2
平成19年8月3日(金)
朝3時起床。
風はちょいと強いがお月様がぼんやり見える薄曇り、登頂決行です。
まだ暗い4時剣山荘を出発。
前劔手前では富山平野が良く見えました。

20070812184127.jpg IMGP7388.jpg


前劔到着は5時20分。
難所はカニのタテバイ、ヨコバイだけかと思っていましたが前劔の鎖場もけっこうビビリます。

20070812185223.jpg 20070812185257.jpg


6時30分。
いよいよ最大の山場のカニのタテバイです。
見上げるとこんなところを登るのかと思いましたが意外と短くあっけなく登ることができてホットしました。

IMGP7392.jpg DSC_0094.jpg


そして6時58分。
感動の山頂です。
この日のためにトレーニングをしてきた甲斐がありました。
天気も味方してくれ充実感でいっぱいです。

20070812190634.jpg 20070812190652.jpg


しばし山頂からの景色を堪能して今度は下山です。
登りよりも下山のほうが疲れが出て遭難しやすいというから要注意です。
7時35分。
下山の難所、カニのヨコバイです。
始めは縦に降りるのであれっと思いましたが一段降りた後にやっぱりありました。
噂通り始めの一歩が難しく鎖に頼りすぎて人差し指を擦りむいてしまいました

DSC_0131.jpg 20070812191240.jpg


そして少し遠回りをして10時40分無事に下山。
小屋の前で仲間と記念にカシャ

20070812194752.jpg 20070812194806.jpg


宿自慢の牛すじ煮込み(500円)をつまみにカンパ~イ
なんと美味しいことでしょう。
登っているときは辛いけどこれがあるからいいんですよね~

IMGP7430.jpg IMGP7431.jpg


持参した焼酎でもカンパイしてシャワーが浴びれる時間まで一眠り。
夕食は昨夜とは違う内容でした。

IMGP7433.jpg IMGP7437.jpg


ゆったりと眠って朝食を食べてモーニングコーヒー(500円)を飲んで天気予報を見ていると今日と明日は台風の影響で雨。
予定では仙人温泉、阿曾原を経由して欅平に降りるつもりでしたが急遽予定を変更して「みくりが池温泉」を目指すことにしました。

IMGP7438.jpg IMGP7439.jpg


剣山荘 一泊二食付き8500円
076-482-1564
劔岳目指して その1
平成19年8月2日(木)
いよいよ劔岳を目指してトレーニングをしてきた成果を発揮すべく本番がやってきました。
富山地方鉄道の朝6時45分発の富山駅から室堂までの直行バス(片道3000円、往復5800円)に乗り9時15分に室堂に到着。
準備運動と記念撮影です。

IMGP7214.jpg IMGP7241.jpg


9時30分から登りはじめ11時10分に雄山山頂。
台風5号の影響が心配されましたが予想外に動きが遅くこの日は気持ちよく晴れてくれ素晴らしい景色がみることができてほんとに良かったです。

IMGP7249.jpg IMGP7251.jpg


山頂で神主さんのおはらいをうけお神酒をいただきました。

20070809063703.jpg 20070809063728.jpg


そして立山連峰の最高峰の大汝山。
この日、下界は38℃もあったそうですが山の稜線歩きは爽やかな風が吹いてめちゃくちゃ気持ちが良かったです。

20070809064108.jpg IMGP7303.jpg


素晴らしい景色を眺めながら稜線歩きを楽しみ真砂岳、別山制覇。

IMGP7318.jpg IMGP7325.jpg


15時20分別山乗越の劔御前小舎到着。
今宵の宿「剣山荘」には16時30分に到着です。
途中には綺麗なお花畑もありました。

IMGP7345.jpg IMGP7364.jpg


今年新しく立て直してオープンしたばかりの小屋なのでどんなにも混んでいるかと思いきや台風の影響でキャンセルが相次いだそうで以外にも楽々寝れることができてラッキーでした。
布団も新しくて気持ちがいい~
午後2時~5時まで使用できるシャワーもとてもありがたいです。
雪解け水が豊富にあるからなんでしょうね。
トイレも水洗で大の方は和式が2つ、洋式が1つの計3つありました。

IMGP7373.jpg 20070809070556.jpg


急いでシャワーを浴びたら綺麗な食堂で夕食です。
まずは乾杯
しかし山での生は美味しいけど高いんだよな~
生800円
今日はほんとに充実した山歩きができました。

IMGP7377.jpg IMGP7381.jpg


夕食と翌朝の弁当です。
味噌汁、ご飯はお代わり自由ですがおかずが少ないので味噌汁にご飯を入れて猫まんまで1杯。
計3杯いただきました

弁当はおにぎりでなくしっかりおかずが付いていて良かったです。

明日に備えて夜8時に眠りにつきました

IMGP7379.jpg IMGP7382.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。