きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトアップ新穂高
平成18年10月21日(土)
去年に引き続き今年もライトアップ新穂高オフを開催しました。
今回も宿は新穂高の湯のすぐ前にある北ア西穂屋です。

宿に入る前に紅葉した山々が見渡せる深山荘に。
ここの露天風呂は開放感たっぷりで私のお気に入りです。

IMGP1944.jpg IMGP1946.jpg

入浴料500円
0578-9-2031

深山荘の上流の河原にはあちらこちらからお湯が湧き出ています。
ちょうどいい湯加減のところで入ってみました。
めちゃくちゃ気持ちがいいですね。

IMGP1950.jpg IMGP1952.jpg


次は中尾キャンプ場の混浴露天風呂に。
ここは森林浴をしながらのんびり入っていられます。
20061102210637.jpg 20061102210651.jpg

入浴料500円

今回宿泊したのは24人。
食事だけや外からの乱入者を入れると30人はいたと思います。
一泊二食付9600円
0578-9-2131
20061102211154.jpg 20061102211211.jpg


メーンイベントのライトアップされた新穂高の湯に入ります。

IMGP1998.jpg 20061102211607.jpg


翌日は佳留萱山荘にみんなで入って解散しました。
20061102212749.jpg 20061102212353.jpg

スポンサーサイト
老神温泉 東秀館
平成18年10月16日(月)
群馬県利根郡利根村老神温泉の東秀館に入りました。
ここの混浴内湯は大衆浴室と書いてありました。
おもしろい表現ですね。
内湯の3つある浴槽はそれぞれ温度が違うので自分の好みの温度のところに入ればいいです。

20061102203935.jpg IMGP1939.jpg


入浴料 500円
0278-56-3024
大丸温泉旅館
平成18年10月16日(月)
栃木県那須郡那須町大字湯本269にある大丸温泉旅館に入りに行きました。
ここは7年前に訪れた時は大雨の後で川が増水し入れなかったところなので今回リベンジできて良かったです。
本当なら日本秘湯を守る会の宿なので泊まりたかったのですが満室となっていたため今回あきらめました。
11時30分から受付ということですが11時過ぎに着いた時には既にお客様が何人か待っていたので受付開始一番にお金を払いダッシュで風呂に入り素早く撮影を済ませました。
すぐに人で一杯になったので良かったです。
天気が良くて最高でした\(~o~)/
20061102202537.jpg IMGP1903.jpg


入浴料 1000円(タオル付き)
日帰り入浴 11:30~15:00(14:30で受付終了)
0287-76-3050
北温泉
平成18年10月16日(月)
栃木県那須郡那須町湯本151にある北温泉に入りに行きました。
天狗の湯の雰囲気はなんとも言えませんね~

20061102071619.jpg IMGP1882.jpg


入浴料700円
0287-76-2008
板室温泉 江戸や
平成18年10月15日(日)
栃木県那須塩原市板室860にある江戸やに泊まりました。
板室温泉「温和会」加盟の宿

温和会加盟の宿に泊まると加盟している旅館のお風呂にはいることができます。
チェックインしてすぐに浴衣に着替え山晃館(左)と水清館(右)に入りに行きました。

各旅館により入浴時間がまちまちなので注意が必要です。

20061102064843.jpg IMGP1826.jpg


部屋にはすでに布団が引いてあり、コタツもあります。
ポットも沸くポットで良かったね。
部屋が4階でお風呂が2階というのはちょっと辛かったかな。

20061102065256.jpg IMGP1831.jpg


内湯、混浴露天風呂ともに長湯できるいい温度です。
IMGP1834.jpg IMGP1835.jpg


食事は夕食、朝食ともに部屋でいただきますが内容はご覧の通り、湯治宿なのでこんなもんでしょう。
IMGP1830.jpg IMGP1832.jpg


一泊二食付 7,815円
0287-69-0216  
那須高原 絶景一望閣
平成18年10月15日(日)
栃木県那須郡那須町湯本157にある絶景一望閣に入りました。
名前ほど絶景ではないですがなかなかいい混浴露天風呂ですね。
20061102063325.jpg IMGP1790.jpg


入浴料 1000円(タオル付き)
0287-76-3001
塩原温泉 湯守田中屋
平成18年10月15日(日)
栃木県那須塩原市塩原6にある湯守田中屋に入りに行きました。
300段あるというなが~い階段を降りていくと川沿いにロケーション抜群の混浴露天風呂が現れます。
川に近いので夏場は川遊びもできるのでなかなかいいところですね。

20061102061834.jpg IMGP1786.jpg


入浴料 800円
0287-32-3232
湯西川温泉 伴久ホテル
平成18年10月14日(土)
栃木県塩谷郡栗山村湯西川温泉にある伴久ホテルに泊まりました。
フロントでチェックインを済ませると女性の方はまず浴衣が選べ、そしてウエルカムドリンクにウエルカムフーズ。
ドリンクはお代わり自由で嬉しいです。
ワインやウィスキーもありました。

部屋にも別にお菓子がたくさん。
冷蔵庫は持ち込みしても入れることができないタイプでした。

20061102055914.jpg 20061102055932.jpg


夕食まで時間があったので無料で30分貸切できる道を渡った処にある貸切風呂に。
フロントでなんとバケツに牛乳をもらい牛乳風呂にして入りました。

館内の男女別内湯は広々としていて気持ちが良かったです。

混浴露天風呂は館内の一番奥の渓流沿いに3つの湯船があります。
脱衣場は男女別にあるし腰巻布も用意してあるので抵抗なく入れると思います。
20061102055959.jpg 20061102060017.jpg


食事は懐石料理と囲炉裏端料理が選らべますが今回は囲炉裏端料理にしました。
量が多くて私は食べきれませんでした。
岩魚の造りが氷のドームに覆われていたのには感激しました。
味付けも程よくキノコのすき焼きは美味しかったな。

朝食はバイキング。
コーヒーが無いというのは納得できませんでした。

20061102060035.jpg 20061102060050.jpg


チェックアウトしてから金井旅館が管理している無料で入れる川沿いの露天風呂「薬研の湯」と寸志で入れる共同浴場に。
露天風呂は橋の上からや堤防から丸見えで男性でもちょっと勇気がいりますね。
勇気が無い方は共同浴場へどうぞ。
なかなかいい雰囲気でしたよ。

20061102060124.jpg IMGP1752.jpg


0288-98-0002
川治温泉 薬師の湯
平成18年10月14日(土)
栃木県日光市川治温泉川治227にある川治温泉「薬師の湯」に自遊人パスポートを使用して入らせていただきました。
源泉温度36.7℃そのままの川沿いの露天風呂と湯小屋の中にある加熱した岩風呂があります。
女性専用の岩風呂はちゃんと見えないようになっているらしいけど混浴のところは対岸の旅館や遊歩道からは丸見えなのでちょっと恥ずかしいかもしれませんね。
撮影が禁止されているのを後で知りましたが誰もいない源泉浴槽を撮らしてもらいました。
IMGP1627.jpg IMGP1628.jpg


営業時間 10:00~21:00
入浴料 300円
0288-78-0229
塩原温泉共同混浴露天風呂
平成18年10月14日(土)
栃木県那須塩原市塩原温泉にある共同混浴露天風呂に入りました。
まずは7年前に訪れたことのある岩の湯(左)と不動の湯(右)に。
岩の湯は湯船が2つあり対岸の旅館から丸見えです。
不動の湯は森の中にあって森林浴をしながらのんびり入ることができます。
20061101205115.jpg IMGP1595.jpg


次は塩原もの語り館の裏を流れる川の対岸にあるもみじの湯(左)に。
対岸からは目隠しがしてありますがすぐ脇を通る遊歩道からは丸見えです。
次に山ゆりの吊橋のたもとにある青葉の湯(右)に
ここは掃除をしたばかりでお湯があつくて翌日に入りました。
IMGP1619.jpg 20061101205510.jpg


岩の湯、不動の湯は200円
もみじの湯100円
青葉の湯無料(12月~3月休み)

お問い合わせ
塩原商工会
0287-32-3767  
姥湯温泉 桝形屋
平成18年10月13日(金)
山形県米沢市大字大沢字姥湯1番地にある姥湯温泉 桝形屋に泊まりに行きました。
日本秘湯を守る会の宿で一泊二食付9900円~

ちょうど紅葉の時期だろうと思い5月に予約を入れておきました。

姥湯に泊まったついでに米沢八湯のうちあと五湯にも入ってきました。
まずは朝早くから入れる小野川温泉の足湯と男女別露天風呂がある小町の湯に。(左画像)
入浴料寸志

次に細い道をクネクネといかにも秘湯に向かっていますという山道を走り大平温泉滝見屋へ。(右画像)
ここも日本秘湯を守る会の宿で今回は男性露天風呂が清掃中で入れなかったので次はぜひ泊まりに来たいと思います。
入浴料500円
0238-38-3360
入浴時間9:00~15:00

20061029145445.jpg 20061029145512.jpg


次に白布温泉の西屋とホテル渓山へ
西屋は自遊人パスポートで入らせてもらいましたがなかなか風情のある湯小屋でした。
0238-55-2480
利用時間 12:00~16:00

渓山は混浴露天風はいいのですが玄関はまるで幽霊屋敷のようでした。
入浴料500円
0238-55-2311
利用時間 8:00~17:00
20061029150653.jpg 20061029150726.jpg


次はすぐ上の方にある新高湯温泉吾妻屋に。
ここも日本秘湯を守る会の宿なのでいつかは泊まりに来たいと思います。
混浴露天風呂からの景色は良かったですが紅葉には少し早かったようですね。
入浴料500円
0238-55-2031
利用時間11:00~16:00

IMGP1459.jpg 20061029150755.jpg


次の日の朝、姥湯をチェックアウトしてから滑川温泉福島屋に入りました。
ここは混浴の内湯もあるのでいいですね。
建物も鄙びた感じがなんとも言えませんね。
入浴料500円
090-3022-1189
利用時間9:00~16:00
IMGP1572.jpg 20061029153122.jpg


最後に泊まった姥湯の紹介です。
駐車場から宿まで約10分の歩きです。
宿に着いてすぐに混浴露天風呂が先週の大雨で土砂に埋まったと聞きがっかりしました。
そのため一つだけ残った普段女性専用の露天風呂を混浴露天風呂として入りました。

部屋は綺麗でポットも沸くポットだったのですがテレビが今時めずらしい100円を入れないと映らないテレビでした。

20061029153711.jpg 20061029153726.jpg

食事は食事処でいただきます。
料金によっては部屋食も可能のようです。
山の中の食事としたら良いほうではないかと思います。
味も良かったです。
IMGP1531.jpg IMGP1543.jpg


090-7797-5934衛星電話
冬季休業(11月中旬~4月中旬)
芋掘りと古洞の湯
平成18年10月9日(月)
今日は秋晴れの中、畑で芋掘り体験をし、収穫した芋を富山市池多1044にあるとやま古洞の森自然活用村にあるケビンを借りて焼き芋や豚汁に入れてお腹に納めました。
一緒に富山名産の鱒寿司3種類の食べ比べもして楽しい1日を過ごしました。
最後に、とやま古洞の森自然活用村内にある古洞の湯に入って〆ました。

20061009213027.jpg IMGP1354.jpg


076-434-0777
入浴料700円
越乃庭
平成18年10月7日(土)
富山県高岡市伏木国分2-5-25にある10月5日にオープンしたばかりの温浴施設「越乃庭」に行って来ました。
宿泊もできるみたいですが天然温泉ではありません。
それにせっかく海の側にあるのにすぐ横を氷見線が通っているために目隠しが高くてお風呂に入りながら海を眺めることができないのが残念です。

20061008104541.jpg



通常は10からの営業ですが日の出から8時までの朝風呂もあるみたいです。

入浴のみは600円で今流行の岩盤浴コースは1300円、館内着を着てゆったり過ごすゆったりコースは1500円です。
宿泊は8000円~

0766-44-7739
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。