FC2ブログ
きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
こんぴら温泉湯元 八千代
平成18年7月16日(日)
香川県仲多度郡琴平町661 にあるこんぴら温泉湯元 八千代に泊まりました。

会社の提携保養施設で素泊まり5500円+夕食、朝食5250円の合計10750円です。
14日に入った新祖谷温泉「ホテルかずら橋」とともに四国に2軒ある貴重な混浴露天風呂を持つ宿の1軒です。
部屋はけっこう古びた感じでした。

IMGP0225.jpg 20060730193707.jpg


露天風呂は7階の屋上にあり見晴らしはいいですがほんとに温泉なのかなって疑いたくなるお湯です。
屋根がないから夏場は日焼けが心配です。
内湯はめちゃくちゃ塩素臭がするバリバリの循環です。

20060730193724.jpg IMGP0196.jpg


食事は夕食、朝食ともに食事処でいただきます。
夕食の食前酒はなく、料理は一揆出しです。
朝食もちょっと寂しい内容です。

IMGP0236.jpg IMGP0237.jpg


頑張って金刀比羅宮 に行こうと思いましたが100段目の鳥居のところであきらめました。

香川に来たらやっぱり讃岐うどんということで4軒のうどん屋さんで食べ比べしました。
最後に食べたビニールハウスで営業している岸井うどん店が一番手打ちうどんらしくて値段も安いし美味しかったです。

20060730194030.jpg 20060730193751.jpg


0877-75-3261
スポンサーサイト
道後温泉本館
平成18年7月16日(日)
愛媛県松山市道後湯之町5-6 にある道後温泉本館に入りました。
四国に来たらやっぱりここはかかすこができない温泉でしょう。
ここは日本書紀にも登場するわが国最古の温泉ということで3000年の歴史があるそうです。
夏目漱石の小説「坊ちゃん」の中に登場する住田の温泉とはこの本館のことだそうです。
泉質はアルカリ性単純温泉で癖のないお湯で、けっこう熱いお湯だったので「神の湯階下」にさっと入ってとりあえず足跡を残しました。

IMGP0185.jpg IMGP0187.jpg


089-921-5141  
入浴料 神の湯階下 400円 6時~23時
小藪温泉「小藪温泉旅館」
平成18年7月16日(日)
愛媛県大洲市肱川町小薮にある小藪温泉「小藪温泉旅館」のお風呂に立ち寄り入浴させてもらいました。
ここの建物は国の登録文化財に指定されているらしくなんともいえないたたずまいです。
お湯がまた素晴らしくローションのようにヌルヌルで体全体をやさしく包んでくれました。
IMGP0176.jpg IMGP0183.jpg


IMGP0178.jpg IMGP0179.jpg


0893-34-2007  
入浴料500円 10:00~19:00