きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットと住めるアパート
平成17年7月31日
お姉さんの会社のペットと住めるアパートのお披露目イベントに我が家のアイドルとともに参加してきました。
またまた地元のテレビ局のニュースに映っちゃいました(^^)
画像は司会を務めるお姉さんです。
20050804061502.jpg

みなさん手入れが行き届いたワンちゃん達で私の家のコロちゃんだけはなんか場違いのところに来たという感じでした。
20050804061521.jpg

健康診断を受けるコロちゃんです。
健康そのものだそうです。
玉玉も両方同じ大きさのようです(^^)20050804061544.jpg

毛玉を取ってもらい、爪も切ってもらいました。
綺麗になりました。
20050804061556.jpg

最後に地元テレビ局のBBT(富山テレビ)のアイドル「ビーちゃん」とツーショットです。
20050804061611.jpg

スポンサーサイト
林道温泉「観光荘」
平成17年7月30日
富山県南砺市(旧城端町)林道の林道温泉「観光荘」に行って来ました。
昭和36年に建てられたという建物ははっきり言っていまにも潰れそうです。
入浴料350円です。
8:00~21:00
素泊まりは3600円だそうです。
チェックイン、アウトは自由みたいです。
20050803204359.jpg

久しぶりに見たボットン便所です。
もよおしてきたので利用させていただきましたが見事におつりがきました(>_<)
紙もトイレットペーパーではなくちり紙です。
20050803204416.jpg

でもお風呂からの見晴らしは最高です。
源泉14℃の二酸化炭素泉を沸かして使用していますが湯加減もちょうど良かったです。
熱かったら源泉を入れればいいので助かります。
20050803204430.jpg

大白川温泉露天風呂
平成17年7月30日
岐阜県白川村の大白川温泉露天風呂に行ってきました。
平瀬温泉の源泉でもあるそうです。
富山からだと国道156号線で白川郷、平瀬温泉を過ぎてすぐに大白川川沿いを右折して白山登山口に向います。
国道から約20Km、30分クネクネ道を登って行きます。
登山口にある「白水湖畔ロッジ」で料金を払います。
大白川露天風呂(7月上旬~10月下旬まで使用可)
料金:清掃協力費 大人300円 小人150円
20050803204047.jpg

料金を払い湖の方へ向うと露天風呂があります。
20050803204227.jpg

白水湖を眺めながらゆったりと入れます。
20050803204243.jpg

 
世界遺産「合掌造りの民宿」
平成17年7月29日
会社の転勤族が世界遺産に登録された合掌造りの民宿に泊まってみたいということで金曜日の仕事が終わってから速攻で行って来ました。
今回お邪魔したのは南砺市(旧東砺波郡平村)相倉の合掌造り集落の中の「庄七」さんです。
高岡の職場から能越道高岡ICから福光ICまで利用(850円)して1時間弱で行くことができました。
20050803203143.jpg

お部屋は4つ、すべてふすまで仕切りがしてあるだけで鍵はありません。
今回は私達職場の7人だけの貸切でした。

贅沢に一部屋2人づつで4部屋全部を使わせていただきました。
人がたくさん入った時は2階も使うそうですが今はせいぜい15人くらいまでしかお客さん泊めないようにしているそうです。
20050803203200.jpg

浴衣、タオル、歯ブラシは付いていました。
洗面所は蛇口は3つです。
 
早速浴衣に着替えてお風呂に行ってみました。
お風呂は去年別棟に新しく造ったそうです。
庄七の湯と命名してありました。
 
温泉ではありませんが24時間の循環式風呂です。
4~5人は入れるりっぱなお風呂です。
リンスインシャンプー、ボデーソープもあります。
驚いたことにバスタオルまで備えてありました。
グループごとの貸切制で入ります。
20050803203354.jpg

夕食は囲炉裏を囲んでいただきます。
さすがに囲炉裏には火が入っていませんでしたが7月の初めまでは火を入れていたそうです。
素朴な山の料理ですが漬物がとても美味しくお酒がすすみました。
今度は囲炉裏に火が入っているときにまたお邪魔したいですね。
20050803203413.jpg

夕食です。
持ち込んだお酒やワイン、焼酎を飲みながら楽しい時間が過ぎて行きます。
20050803203430.jpg

女将さんのささらの使い方指導もありました。
お酒を飲んでばかりでご飯を食べなかったのでおにぎりを作っていただきました。
これがまた美味しかった。
 
朝は窓を開けて寝ていると寒いくらいで布団をすっぽり被って寝てました。
24時間風呂なので朝風呂にも入れます。
朝食は7時30分からいただきました。
朝食の漬物も美味しかったです。
朝から一杯やりたいところですがここはグッと我慢しました。
20050803203535.jpg

お風呂上りに縁側でお隣にあるお土産やの「庄八」さんで買ったアイスクリームを食べるのもいいですよ。
 
小谷温泉「熱泉荘」と源泉湯の滝
平成17年7月18日
長野県北安曇郡小谷村の「熱泉荘」と源泉湯の滝の様子を見に行ってきました。
先に「熱泉荘」で入浴料500円を払い源泉の湯の滝に行きたいと申し入れると落石があるかもしれないし、
草ボウボウだしそれにそのかっこう(サンダル履き)じゃ行けないよと言われましたが自分の目で確かめようと
行けるところまで行くことを了解もらいました。
行ってみると全然問題なく行くことができました。
湯加減は最高!!
天然ジャグジーです。
しかし落石だけは怖いのでその時は自己責任ということで。
また行くときは「熱泉荘」のご主人に了解をもらっていくようにしましょう。
20050730180629.jpg

そしてお清めに「熱泉荘」に入ります。
どうです、この鄙びた外観。
なんともいえない良い雰囲気です。
20050730180650.jpg

名前の通りとても熱い湯です。
でもお肌ツルツルのほんとにいい湯です。
湯上りに爽やかな山の風に当たると気持ちがいいです。
20050730180706.jpg

小日向の湯源泉
平成17年7月18日
長野県白馬村の「小日向の湯源泉」の様子を見に行きました。
その前になぜかブルーベリー狩りに行くことにしました。
大町から白馬に向かう国道148号線の左側にありました。
入園料は一人1500円で小さな籠に一杯詰めてお土産にお持ち帰りができます。
左手に持っているのが籠です。
けっこう入ります。
20050730180548.jpg

「小日向の湯源泉」の野湯です。
相変わらずきれいなお湯が湯船に流れ込んでいました。
陽射しは強かったですがアブなどの虫には悩まされることがなくて良かったです。
20050730180611.jpg

高瀬川の川原の湯と葛温泉「高瀬館」
平成17年7月18日
長野県大町市の葛温泉に流れる高瀬川の川原にお湯が出ているらしいので探しに行きました。
詳しくは知りませんでしたが「温宿かじか」の前あたりということをどこかのHPで見たことがあったのでとりあえず「温宿かじか」に渡る橋の上から川原を眺めると明らかに赤茶色に変色した箇所を見つけました。
画像中央部です。
20050730180430.jpg

湧き出ているお湯はめちゃ熱なので川の水でうまく混ぜ合わせなければ火傷します。
下からも湧き出ているのかお尻をつけると熱いです。
なぜか白黒モードです。
20050730180135.jpg

探し当てて満足して次は高瀬館に向います。
入浴料は500円です。
20050730180447.jpg

混浴露天風呂です。
男性は混浴露天風呂と内湯とが続いていますが女性は離れている為混浴露天風呂に入るときは
着替えて来なければなりませんがお姉さんはバスタオル巻きで移動したみたいです。
内湯も熱めと温めの両方の浴槽がありました。
でも温度差はあまりありませんでした。
お風呂は仙人閣よりも高瀬館のほうが気に入りました。
20050730180508.jpg

葛温泉「仙人閣」
平成17年7月17日
長野県大町市の葛温泉「仙人閣」に泊まりました。
日本秘湯を守る会の宿で1泊2食付き税込み13800円の一番安い料金でお願いしました。
20050730175451.jpg

部屋は古い建物の一番奥の部屋でした。
クーラーは無くテーブルの上にウチワが2枚置いてありました。
16000円でお泊まりしていた方とお話ができたのですがその方の部屋には
洗面所はありますがクーラー、トイレは無いとのことでした。
私達の部屋には洗面所もありません。
でも端っこの部屋なので入り口の扉も全開にできたし静かだったので良かったです。
20050728061313.jpg

お着きのお菓子と浴衣、タオル、歯ブラシです。
袋は付いていませんでした。
 
一休みしてから早速お風呂です。
早速、露天風呂に行って見ました。
夜10時に男女が入れ替えになります。
最初、男湯だった方には内湯、混浴露天風呂の他に
もう一つ内湯と露天風呂が付いていました。
しかしとても熱くてゆっくり入ることができなくて残念です。
画像はその露天風呂です。
もう一つの露天風呂がある分、混浴露天風呂のスペースはやや狭くなっています。
20050730173911.jpg

タイル貼りの内湯と岩造りの内湯です。
 
混浴露天風呂です。
朝に撮ったので広いスペースがある側です。
男女の境に熱い源泉が流れ込んでいるのと岩があって容易に行き来することができません(>_<)
20050728061424.jpg

一風呂浴びたら夕食です。
食事処で全員で食べますが仕切りはまったくないので何人泊まっているかとかどんな人が泊まっているのか良くわかります。

いっぺんで出ているので天ぷらや焼き魚は冷めています。
私達は6時30分に行きましたが、6時から食事ができますということなの
多分6時に行けばまだ暖かかったのかも?
20050728061525.jpg

蕎麦粥入りの蕎麦と茶碗蒸しが出ました。
茶碗蒸しは13000円のコースだと普通は付いていないかもしれません。
 
ご飯は混ぜご飯でした。
フルーツはスイカです。
 
朝食です。
想像以上に良かったです。
少しポイントが上がりました。
20050728061657.jpg

おまけで温泉犬です。
20050728061944.jpg

蓮華温泉
平成17年7月17日
新潟県糸魚川市の蓮華温泉に行ってきました。
姫川温泉の入り口から20Km程のクネクネ道を登ります。
道路脇には深い側溝がありますのでくれぐれもヘアピンカーブでタイヤを落とさないように注意してくださいね。
週末や登山シーズンは駐車場満車になりますので要注意です。
20050727204206.jpg

まずは温泉ロッジの受付で料金を払います。
露天風呂だけの入浴料は500円
ロッジの内湯にも入ると800円
内湯だけでも800円です。
20050727204254.jpg

露天風呂はロッジの裏手の山に4箇所ありすべて混浴で脱衣場、トイレはありません。
20050727204232.jpg

左側の登山道から登りまずは「三国一ノ湯」に入りました。
以前訪れた時はお湯がチョロチョロとしかでていませんでしたが今回はけっこう出ていました。
湯加減は夏にぴったりの体温よりちょっと暖かいかなって感じです。
カップルで入るとちょうどいいかも。
20050727204313.jpg

次は一番上の「薬師ノ湯」に。
連休とあって満員御礼です。
少し空くのを待って入浴です。

残念ながらガスっていて展望はよくありませんでした
20050727210049.jpg

続いてその下の「仙気ノ湯」に。
ここだけ沢水で温度調整ができるので一番良い湯加減でした。
20050727205137.jpg

最後に山を降りながら「黄金ノ湯」に。
木々に囲まれて静かな雰囲気です。
20050727210136.jpg

そしてお清めに内湯の「総湯」です。
大きな一枚ガラス越に見える山々は壮大です。
20050727205956.jpg

中房温泉
平成17年7月16日
長野県南安曇郡穂高町有明中房の「中房温泉」に11回目のお泊りに行きました。
本館でのお泊りで1泊2食付きで8800円です。
20050723205525.jpg

温泉犬とちんちくりんの浴衣です。
料金が料金だけに別に気になりません(^^)
 
予約時には相部屋になりますと言われましたが個室がもらえてラッキーです。
20050723205842.jpg

夕食です。
食堂で宿泊者全員でたべます。
本館は山小屋ですね。
20050723205916.jpg

朝食です。
湯豆腐は定番です。
20050723205935.jpg

お風呂の紹介です。
招仙閣にある大浴場と岩風呂です。
大浴場は21時~翌日朝8時までが女性専用。
岩風呂は15時~19時までが女性専用です。
 
同じく招仙閣にある男女別の薬師湯と家族湯です。
家族湯は2つあります。
 
本館の大湯です。
上下に分かれていて上が露天風呂、下が内湯です。
 
最近リフォームした御座の湯とお気に入りの不老泉です。
不老泉は19時~22時までが女性専用です。
 
一番遠い白滝の湯と貸切になった滝の湯です。
滝の湯は2つあります。
 
足湯になった綿の湯とむし風呂です。
熱いお湯の中房温泉の中では温めだった綿の湯が足湯になって残念です。
古いむし風呂のところに女性専用のむし風呂ができていました。
 
月見の湯と温泉プールです。
温泉プールは温めなので裸で泳ぐと気持ちがいいです。
 
温泉プールの上に一人用の「ねっこ風呂」ができていました。
最後に燕岳登山口にある菩薩の湯です。
 
どうですか?
たくさんのお風呂があるでしょう。
それに焼山といって宿から15分登ったところでは砂を掘って卵やお肉やじゃがいもなどを蒸すことができて楽しいです。
とても1泊2日では遊びきれません。
2泊3日で楽しみましょう。
湯俣温泉「晴嵐荘」&噴泉塔
平成17年7月16日
長野県大町市の湯俣温泉「晴嵐荘」&噴泉塔に行ってきました。
七倉ダムまでは車で行けますがそこからは歩くかタクシーで行くしかありません。
七倉ダムの駐車場です。
20050723201536.jpg

タクシーも高瀬ダムまで、料金は1990円です。
20050723201825.jpg

ここから湯俣温泉「晴嵐荘」までは歩いて2時間30分から3時間の歩きです。
20050723201602.jpg

今回は川が増水していたために残念ながら噴泉塔のある方には渡ることができませんでした。
 
でも反対側にもお湯が出ているところがあったので川原の野湯を楽しむことができて良かったです。
20050723201657.jpg

満足して「晴嵐荘」で昼ごはんを食べました。
20050723201722.jpg

内風呂と露天風呂です。
入浴料は500円です。
露天風呂は増水したおかげで砂がたくさん入っていたので入るのをあきらめました。
 
帰りは2時間30分で着きました。
七倉温泉足湯で足入浴です。
100円です。
20050723204037.jpg

富山から奥飛騨に直行バス
平成17年7月10日より富山から平湯温泉に直行バスが運行開始しました。
富山地方鉄道濃飛バスの相互乗り入れによるものです。
料金は片道大人2000円です。
これで新宿~平湯温泉~富山が高速バスで繋がりました。
新宿西口から平湯まで5700円だから富山まで7700円です。
富山から池袋までの直行便が7340円だからそんなに割高にはなりません。
朝の9時に新宿西口から乗って平湯で一風呂浴びて17時15分に富山に着きます。

でも今は158号線の土砂崩れで平湯には来ていないみたいですが・・・・(>_<)
焼岳登頂と新穂高温泉「北ア西穂屋」
平成17年7月9日
8月初めに予定している槍ヶ岳制覇の足慣らしに焼岳日帰り修行に行ってきました。
今回は下山後の宿を新穂高温泉「北ア西穂屋」に予約してあったのであまりガイドブックには出ていない新穂高温泉の中尾から登りは新中尾峠経由で4時間、帰りは旧中尾峠を通って2時間30分で下山しました。
山頂は残念ながらガスってなにも見えませんでした。
残念!!
20050712062216.jpg

汗やら雨やらで体はびしょ濡れのため西穂屋さんに直行です。
ここには以前3回泊まったことがあり今回は20周年特別企画という案内をいただき、また泊まらせていただきました。
20年前の価格で宿泊できるということでなんと1泊2食付きで6050円、入湯税、消費税込みで6500円という破格値です。

この企画はお盆以外の12月20日までということなのでライトアップ新穂高の開催される10月にまた行こうと思います。
20050712062315.jpg

お部屋は特201号室という角部屋の広い部屋を用意していただきました。
バスタオルも用意してありました。
お着きのお菓子の「とちの実せんべい」は美味しいです。
20050712062426.jpg


 
早速お風呂です。
玄関を出たすぐ前に浴室棟があります。
疲れた後の温泉は最高ですね(^^)
湯加減もちょうど良かったです。
20050712062633.jpg

露天風呂は貸切制で階段横の籠の中に鍵が置いてありそれを持って行きます。
宿を出て道路を渡り川原に下りていくとちょうど「新穂高の湯」の斜め前に露天風呂はあります。
小さいながらも気持ちのいい露天風呂です。
 
20050712062655.jpg

夕食です。
名物の鹿の肉も出ていました。
飛騨牛の陶板焼きはボリュームがありました。
今回の企画では4人以上のグループにはなんと地酒1升が付いているというオマケ付きです。
今回は3人でしたが私には黙って1升を持ってきてくださいました。
ほんとありがとうございました。
20050712062921.jpg

朝食です。
それなりの内容です。
ここの自動販売機はビール300円、発泡酒200円
20050712062958.jpg

東洋健康ランド 富山店
平成17年7月8日
富山県富山市城川原にある東洋健康ランド 富山店に行ってきました。
20050708183011.jpg


通常は入浴料1800円のところ平日に限り入浴料500円で入れる券をもらったので久々に行ってきました。
20050708183034.jpg

一時期は外国人の方が多く入っていましたが今回は少なくお年寄りの憩いの場となっていました。
紺色の無地の服もありますがなぜか派手なアロハ風の服を着ている人の方が多いです。
20050708183056.jpg

天然温泉の露天風呂もいいですが私のお気に入りは古代檜風呂です。
年中無休、24時間営業。
吉峰温泉「よしみねゆ~ランド」
平成17年7月3日
富山県中新川郡立山町吉峰のグリーンパーク吉峰で行われた地元体育協会主催の歩こう会に参加してきました。
緑に囲まれた遊歩道を子供達を引き連れて展望台まで往復しました。
20050707063121.jpg

歩いた後はバーベキュー広場でバーベキューでキューっとちべたいビール
20050707063139.jpg

最後にやっぱり温泉でしょう

●入浴料 大人600円 子供300円 三歳未満児は無料
●開館時間 午前10時~午後8時30分
●定休日 第1・第3火曜日(祝日の場合は、開館し翌日休館)
20050707063201.jpg

ここにはオートキャンプ場やコテージもあり家族や仲間とアウトドアライフを楽しむにはいいところですね。
有松温泉元湯「れもん湯」
平成17年7月2日(土)
石川県金沢市の有松温泉元湯「れもん湯」に行ってきました。
天然温泉銭湯で入浴料は銭湯料金の370円
月曜定休でAM10:00~PM11:00
20050707060936.jpg
今回は2階の家族風呂を利用しました。
玄関で靴を脱いで直接2階へ行き、2階のカウンタで料金を支払います。二人で1時間1500円
平日15:30~、土日12:00~
ヌルヌル感たっぷりの黒湯に満足です。
20050707060952.jpg

山田温泉 玄猿楼
平成17年7月1日
富山市(旧山田村)の山田温泉「玄猿楼」に金曜日の仕事を定時で切り上げ会社の宝くじ同好会のメンバー5人で行ってきました。

大雨で増水した庄川の堤防沿いを車を走らせ約45分で到着できました。
今回は通常平日一人12000円のところトラベル日本の選べる宿泊券を利用させてもらい一人7500円でした。
しかも一人に1本お銚子付きなので実質7000円と言ってもいいでしょう。
20050707052955.jpg

フロントで受付を済ませ部屋に案内してもらいます。
川沿いのバストイレ付きの広々としたお部屋です。
20050707052112.jpg

部屋から見た山田川です。
轟音を立てて流れています。
おかげで対岸にある露天風呂と釜風呂に行く橋が危険なため今日は閉鎖されていました。
20050707053110.jpg

夕食前に以前混浴だった夢殿に行って見ました。
完全に男女別になっていました。
以前は女性専用だった滝見の湯です。
湯口の猿は聞かザルです
ここのお湯は源泉40℃で無味無臭の透明な柔らかいお湯です。
加熱しながら掛け流しています。
 
翌朝は5時から男女交代です。
岩の湯です。
ここの湯口は言わザルです。
階段をおりると以前混浴だった夢殿に行けます。
 
元湯夢殿です。
ここの湯口は見ザルです。
 
大浴場です。
広々としていて泳げます。
少々熱めです。
湯加減は岩の湯の地下の夢殿が一番良かったです。
20050707055859.jpg

夕食は19時からにしていましたが富山組が遅くなった為無理を言って30分遅らせていただきました。
その分私はゆっくりすることができて良かったです。
いよいよ夕食です。
隣の部屋に準備してありました。

豚肉の陶板焼きをメーンに岩牡蠣、刺身、白海老、蕎麦、酢の物、茶碗蒸しと最後にフルーツも出ました。

料金からすると満足できる内容です。
20050707052415.jpg

私は部屋でビールを飲んでいましたのでサービスで付けてもらったお銚子3本は私が全部飲み干しました(^^)

牡蠣にあたったことがない私は過去に痛い目にあって食べれないという人の分までちゅるっといただきました。
右は最後に出たフルーツです。
 
朝食です。
レストランでいただきます。
なかなかいいです。
さすがにコーヒーサービスはありませんでした。
20050707052923.jpg

今回は露天風呂と釜風呂には入れなかったですが満足できる無いようでした。
「トラベル日本の選べる宿泊券」これはいいかも。
20050707051235.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。