きよちゃんの湯めぐり記録
お泊まりした温泉宿レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火打山登山と燕温泉
平成24年7月28日(土)
新潟県にある100名山の一つ、火打山に登って燕温泉で汗を流してきました。

朝6時に登山口に着いて準備して6時30分登山開始。

35分で黒沢橋に到着。

P7280002.jpg   P7280003.jpg

45分で十二曲り到着、ちょうど1時間で十二曲り終了。

ネマガリダケを探しながら2時間45分で高谷池ヒュッテ到着。

十二曲がり   P7280038.jpg

絶景ポイントからの高谷池ヒュッテとお花。

P7280050.jpg   花

天狗の庭からの逆さ火打

P7280062.jpg   P7280080.jpg

10時20分に雷鳥平、10時50分山頂に到着です
4時間20分かかりましたね。

P7280091.jpg   P7280102.jpg

お昼は登る途中で採って来たネマガリダケを茹でて食べました

P7280103.jpg   P7280104.jpg

12時20分下山開始で14時55分登山口到着。

そして汗流しに燕温泉に。

P7280135.jpg   P7280137.jpg

河原の湯にはたくさんの人。
外人さん家族も水着、バスタオル無しでおおらかに入っていらっしゃいました

P7280138.jpg   P7280145.jpg

湯船の下にはちょっとした滝が・・・・

打たれてみました

P7280147.jpg   P7280140.jpg

帰りに夜9時まで営業していて400円で入れる苗名の湯でお清めして帰りました。

P7280148.jpg   P7280149.jpg
スポンサーサイト
雨飾山登山と雨飾山荘
平成23年8月20日(土)
曇り空の中、雨飾山に登ってから雨飾山荘のお風呂に入って疲れを癒してきました。
朝の7時に雨飾山荘横から登る薬師尾根道から登りました。

10年前に小谷温泉側からは登ったことがありましたがその時は山頂ではガスがかかり何も見えなかったので今回に期待です。

P8200005.jpg   P8200003.jpg

登り初めからいきなりの急登で息があがりますが今日は気温が低いのでまだ救われます。
一ぷく処まで1時間、いい調子で登ってきました。

P8200011.jpg   P8200014.jpg

中の池を過ぎて小谷温泉側から登って来た道と合流する笹平には9時30分着。

P8200022.jpg   P8200030.jpg

そして山頂には10時到着。3時間で登れました。
曇りながらも視界はまずまずで焼山とその奥に火打山も見ることができて良かったです。

P8200046.jpg      NEC_0839.jpg

山頂に着いて写真を撮っておにぎりを食べていると小雨がパラパラ降ってきたので本降りにならないうちになごりおしいですが10時45分下山開始。

お花を撮りながら雨飾山荘到着は13時。
2時間15分で下りました。

花   P8200065.jpg

下山して早速汗流しに混浴露天風呂「都忘れの湯」に。
ちょいと熱めでしたが心配していたアブもいなくてのんびり入ることができて良かったです。

P8200009.jpg   P8200069.jpg

内湯で頭を洗ってやっぱりビール

P8200071.jpg      NEC_0843.jpg

そして山頂で食べるつもりだったウィンナーとパスタを食べてもうひとっ風呂浴びて帰りました。

P8200076.jpg   P8200077.jpg





笠ケ岳
平成22年8月21日(土)
お友達と日本100名山のひとつ岐阜県にある笠ゲ岳に登ってきました。
4時に友達の家に迎えに行き深山荘の向かいにある無料駐車場に行きましたが既に満車で止めれず昔の中崎山荘の山側にあるロープウェイの駐車場に止めようと思いましたが6時間500円ということでもったいなくてやめ。
中尾口にある新穂高の湯の駐車場に止めてバスで新穂高温泉登山口へ行くことにしました。
しかしバスの時間が7時35分なので新穂高の湯に入ったりして時間をつぶしました。

P8210002.jpg     NEC_0408.jpg

中尾口から新穂高温泉までの料金は210円でした。

P8210003.jpg   P8210004.jpg

登山開始は7時45分。
笠新道の入り口まではなだらかな登りの林道を歩きます。
笠新道入り口には8時50分着

P8210005.jpg   P8210012.jpg

ここから急な登りです。
1920m地点には10時50分。
杓子平には13時10分着。

P8210016.jpg   P8210020.jpg

ガスがかかって見晴らしは悪くなりましたがここで昼食。

P8210022.jpg   P8210023.jpg

笠ケ岳山荘到着は16時40分
なんと9時間近くかかりました。

P8210033.jpg   P8210037.jpg

今日は山小屋はめちゃくちゃ混んでるみたく布団1枚で二人が寝ることに。
お姉ちゃんとだったらいいけど男同士はいやですね~

なにはともあれ担いで持ってきたビールで乾杯
ここも350缶が600円ですからね~

P8210040.jpg   P8210041.jpg

夕方には雲も取れ明日の日の出に期待です。

P8210042.jpg   P8210048.jpg

夕食は一番最後の19時から。
おかげで持ってきたいいちこを飲みながらちょっとゆっくり食事ができました。

朝食はご来光を拝んでから6時に食べました。

P8210050.jpg   P8220066.jpg

朝は3時過ぎからゴソゴソと皆さんが起き始めます。
いびきやら歯軋りやら寝屁でなかなか眠れませんでしたが外に出てみると満天の星。
ご来光が期待できます。

P8220052.jpg   P8220060.jpg

素晴らしいご来光が拝めて満足です。
登った苦労がむくわれます。

NEC_0452.jpg     P8220064.jpg

下山開始は6時30分。
もう一度頂上に登ってから車を止めた槍見館の方へ下ります。

P8220069.jpg   P8220072.jpg

槍見館到着は12時50分。
頂上から6時間かかりました。
いや~厳しい登山でしたが達成感と素晴らしい景色を眺めることができて良かったです。

P8220080.jpg   P8220083.jpg

ザルソバを食べてからからののどをうるおしてからタルマの湯で汗を流して帰宅しました。

タルマの湯の写真はHPよりいただきました。

P8220085.jpg   へるしー
薬師岳
平成22年8月7日(土)
富山県の北アルプス、100名山に入っている標高2926mの薬師岳に友達と登ってきました
登山口の折立に行くには有峰林道を通らなくてはいけませんが今年は一番走りやすい小見線が通行止めとなっているので小口川線を利用しました。

ゲートが開くのは朝6時。
入り口に到着したのは5時45分でしたが既に20台ほどの車がいました。
通常は通行料1800円ですがこの日は有峰森林文化村祭が開催される日でこのパンフレットを持っていれば通行料が無料
めちゃくちゃラッキーでした。

そうそう、入り口にはアブがたくさんいますのでご注意してくださいね。
私は刺されました

薬師岳 (33)    薬師岳 (31)

クネクネとした林道を走り折立に着いたのは7時。
駐車場は既に満車で道路に車があふれてました。

準備をして登山開始は7時30分。
登山口の標高は1356m、始めは比較的歩きやすい樹林の中を歩きます。

薬師岳 (37)   薬師岳 (40)

三角点までは1時間30分、太郎平小屋までは3時間30分で到着しました。
曇っていたので登山にはピッタリの天候だったと思います。
途中ニッコウキスゲの花が見れました。

薬師岳 (43)   薬師岳 (48)

薬師岳 (49)   薬師岳 (53)

小屋の生ビールはなんと中ジョッキが1000円。
ここは我慢しました

昼飯は家から持ってきたおにぎりとゆで玉子、それにカップヌードルと魚肉ソーセージです。

薬師岳 (51)   薬師岳 (54)

遠くに鷲羽岳、水晶岳が見えます。
記念にパチリ

薬師岳 (58)   薬師岳 (59)

ゆっくり休んで太郎平小屋を12時5分出発。
15分程でキャンプ場に着きます。

薬師岳 (61)   薬師岳 (63)

一時間程で薬師平。

薬師岳 (65)   薬師岳 (67)

薬師岳 (72)   薬師岳 (73)

薬師岳山荘到着は13時50分。
今年新築して8月1日から営業開始した出来たてのピカピカの山荘です。

薬師岳 (82)   薬師岳 (76)

今日は非常に込み合っているらしく一人一畳です。

なにはともあれとりあえずチベたいビール
350缶ビールが600円ですが林道通行料が無料だったのでま~いいかと乾杯

小屋の周りはまだまだ工事の真っ最中でした。

薬師岳 (77)   薬師岳 (79)

夕食は17時から。
揚げたてのコロッケは美味しかったです。
宿泊客は多いので一度では食べることができないのでお酒も飲まずさっさと食べて次の方々のために切り上げます。

雲上の夕焼けは見事でした。

薬師岳 (80)   薬師岳 (90)

お酒は5合のパックが2500円だったので飲まずにさっさと寝ました。
窓際だったので寝ながら星が見えたのは良かったです。

しかし、いびき、歯軋りがうるさかったな~
自分もそうなのかな?

翌朝は日の出を拝むために3時30分に起きて4時に小屋を出て頂上へ。

4時50分到着でまもなく日の出を拝むことができました。

感動の一瞬です

薬師岳 (103)   薬師岳 (24)

下界で雨が降ったのか虹も見ることができました。

薬師岳 (18)     薬師岳 (105)

薬師岳 (29)   薬師岳 (117)

小屋に戻って朝食です。
山小屋では暖かい味噌汁が一番のおかずですね。

薬師岳 (118)   薬師岳 (120)

下山開始は7時。
折立到着は11時3分。
途中3回水分補給をして4時間3分で降りてきました。
今回はそんなに足が痛くならなくて良かったです。

薬師岳 (121)   薬師岳 (129)

下山後は汗を流しに富山県中新川郡立山町吉峰野開 12にあるグリーンパーク吉峰へ。
掛け流しではありませんがヌルヌル感があってとても良いお湯です

チベた~いニャマビールで反省会をしてゆっくり寝てから帰りました。

薬師岳 (130)     薬師岳 (30)
焼岳登山と焼乃湯
平成22年7月24日(土)
山が好きな会社の同僚と焼岳に登ってきました。
今年初めての登山でいきなり焼岳はきついかなって話をしていましたが天気にも恵まれ快適な登山ができて良かったです。

富山を5時に出発し中尾登山口に7時ちょっと前に到着。
準備をして7時10分にスタート。

P7240001.jpg   P7240002.jpg

白水の滝に7時50分到着

P7240008.jpg   P7240009.jpg

秀綱神社には9時5分到着

P7240019.jpg   P7240020.jpg

中尾峠到着は9時40分
青い空は映えますね~

P7240023.jpg   P7240025.jpg

10時45分焼岳北峰山頂2393mに到着
焼岳は南峰の方が2455mと高いのですが一般人は登らないみたいです。
途中、激しい亜硫酸ガスが吹き出て迫力満点です。
山頂は360度の大パノラマです。

P7240047.jpg   P7240055.jpg

P7240058.jpg   P7240062.jpg

画像左が南峰、右が火口湖です。
温泉なら間違いなく入るのに

P7240052.jpg   P7240049.jpg

お昼は愛妻手作りのパエリアおむすびとカップラーメン。
山頂は風があって寒いくらいなので暖かい物はいいですね~

P7240065.jpg   P7240066.jpg

下山は中尾峠まで降りてきた時点で膝がカクカクで痛みも出てきたのでゆっくり休み休み降りました。
中尾登山口到着は15時30分。

登りが3時間35分、下りが3時間10分でした。
やっぱり登山は下山の方が疲れますね。

P7240069.jpg   P7240079.jpg

汗流しに温泉博士を利用して中尾にある焼乃湯へ。
入浴料800円が無料、ありがたいです。
女将さんの対応も親切で良かったです。
疲れた身体を温泉で癒しました

お風呂の後で食べた「のんき村」のラムレーズンソフトは330円でしたがとても美味しかったです

P7240080.jpg   P7240081.jpg

P7240082.jpg   P7240085.jpg
雨中の妙高山登山と関温泉 山の湯せきぜん
平成21年7月18日(土)
雨が降る中、妙高山に登ってから新潟県中頸城郡妙高村関温泉にある山の湯せきぜんに泊まりました。

燕温泉登山口は小雨。
ほんとは天気の良い日に山は登りたいのですが今回は山修行
雨の中も体験しておかなくてはいけません。

登山開始は6時50分。
今回は赤い主ルートの右周りで行って来ました。

P7180012.jpg   P7180005.jpg

麻平分岐に7時15分

黄金清水に8時45分到着

P7180013.jpg   P7180019.jpg

大倉分岐に9時03分

長助池岐に10時05分到着

P7180020.jpg   P7180026.jpg

ここからは雪渓が残っていたのとぬかるみが酷くなってきたので山頂までアイゼンを装着して登りました。

P7180027.jpg   P7180028.jpg

山頂到達は11時20分
けっこう雨、風が強く体温が急激に奪われていくのがわかるためおにぎりを一つほうばってお茶を飲んで写真を撮ってすぐに下山開始。

30分ほど降りたところに鎖場がありここが雨が降っていたので滑らないかとドキドキでした。

P7180030.jpg   P7180032.jpg

天狗堂に12時40分

麻平分岐に14時15分

登山口到着14時50分

合計8時間の山修行は無事に終わりました。

P7180038.jpg   P7180047.jpg

下山して雨でずぶ濡れの雨具と靴を脱いでそのまま旅館へチェックイン。

部屋は8畳でトイレはありませんが共同トイレはシャワートイレでした。

P7180048.jpg   部屋

濡れた服を脱ぎ捨てノーパンで浴衣をはおりすぐに露天風呂へ。

露天風呂は一つしかなく男女別、貸切の札を表示して入ります。

ちょっと熱めの茶色のお湯が冷えた身体をじっくり温めてくれました。

P7180057.jpg   P7180054.jpg

内風呂は男女別。
熱い源泉がどんどん流れ込んでいるため水で割って入りました。

お風呂でサッパリしたあとは山頂でゆっくり食べれなかったおにぎりを食べながらプシュ~っと一杯

この瞬間がたまりましぇーん

P7180063.jpg   P7180062.jpg

夕食は18時30分から。
冷酒を飲みながらいただきました。
すき焼き風鍋は美味かった。

朝食のハムエッグは双子の卵で得した気分

今回は楽天で税込み7850円のプランでしたがけっこう満足できました。

夕食   P7190079.jpg

0255-82-2221


劔岳目指して その2
平成19年8月3日(金)
朝3時起床。
風はちょいと強いがお月様がぼんやり見える薄曇り、登頂決行です。
まだ暗い4時剣山荘を出発。
前劔手前では富山平野が良く見えました。

20070812184127.jpg IMGP7388.jpg


前劔到着は5時20分。
難所はカニのタテバイ、ヨコバイだけかと思っていましたが前劔の鎖場もけっこうビビリます。

20070812185223.jpg 20070812185257.jpg


6時30分。
いよいよ最大の山場のカニのタテバイです。
見上げるとこんなところを登るのかと思いましたが意外と短くあっけなく登ることができてホットしました。

IMGP7392.jpg DSC_0094.jpg


そして6時58分。
感動の山頂です。
この日のためにトレーニングをしてきた甲斐がありました。
天気も味方してくれ充実感でいっぱいです。

20070812190634.jpg 20070812190652.jpg


しばし山頂からの景色を堪能して今度は下山です。
登りよりも下山のほうが疲れが出て遭難しやすいというから要注意です。
7時35分。
下山の難所、カニのヨコバイです。
始めは縦に降りるのであれっと思いましたが一段降りた後にやっぱりありました。
噂通り始めの一歩が難しく鎖に頼りすぎて人差し指を擦りむいてしまいました

DSC_0131.jpg 20070812191240.jpg


そして少し遠回りをして10時40分無事に下山。
小屋の前で仲間と記念にカシャ

20070812194752.jpg 20070812194806.jpg


宿自慢の牛すじ煮込み(500円)をつまみにカンパ~イ
なんと美味しいことでしょう。
登っているときは辛いけどこれがあるからいいんですよね~

IMGP7430.jpg IMGP7431.jpg


持参した焼酎でもカンパイしてシャワーが浴びれる時間まで一眠り。
夕食は昨夜とは違う内容でした。

IMGP7433.jpg IMGP7437.jpg


ゆったりと眠って朝食を食べてモーニングコーヒー(500円)を飲んで天気予報を見ていると今日と明日は台風の影響で雨。
予定では仙人温泉、阿曾原を経由して欅平に降りるつもりでしたが急遽予定を変更して「みくりが池温泉」を目指すことにしました。

IMGP7438.jpg IMGP7439.jpg


剣山荘 一泊二食付き8500円
076-482-1564
劔岳目指して その1
平成19年8月2日(木)
いよいよ劔岳を目指してトレーニングをしてきた成果を発揮すべく本番がやってきました。
富山地方鉄道の朝6時45分発の富山駅から室堂までの直行バス(片道3000円、往復5800円)に乗り9時15分に室堂に到着。
準備運動と記念撮影です。

IMGP7214.jpg IMGP7241.jpg


9時30分から登りはじめ11時10分に雄山山頂。
台風5号の影響が心配されましたが予想外に動きが遅くこの日は気持ちよく晴れてくれ素晴らしい景色がみることができてほんとに良かったです。

IMGP7249.jpg IMGP7251.jpg


山頂で神主さんのおはらいをうけお神酒をいただきました。

20070809063703.jpg 20070809063728.jpg


そして立山連峰の最高峰の大汝山。
この日、下界は38℃もあったそうですが山の稜線歩きは爽やかな風が吹いてめちゃくちゃ気持ちが良かったです。

20070809064108.jpg IMGP7303.jpg


素晴らしい景色を眺めながら稜線歩きを楽しみ真砂岳、別山制覇。

IMGP7318.jpg IMGP7325.jpg


15時20分別山乗越の劔御前小舎到着。
今宵の宿「剣山荘」には16時30分に到着です。
途中には綺麗なお花畑もありました。

IMGP7345.jpg IMGP7364.jpg


今年新しく立て直してオープンしたばかりの小屋なのでどんなにも混んでいるかと思いきや台風の影響でキャンセルが相次いだそうで以外にも楽々寝れることができてラッキーでした。
布団も新しくて気持ちがいい~
午後2時~5時まで使用できるシャワーもとてもありがたいです。
雪解け水が豊富にあるからなんでしょうね。
トイレも水洗で大の方は和式が2つ、洋式が1つの計3つありました。

IMGP7373.jpg 20070809070556.jpg


急いでシャワーを浴びたら綺麗な食堂で夕食です。
まずは乾杯
しかし山での生は美味しいけど高いんだよな~
生800円
今日はほんとに充実した山歩きができました。

IMGP7377.jpg IMGP7381.jpg


夕食と翌朝の弁当です。
味噌汁、ご飯はお代わり自由ですがおかずが少ないので味噌汁にご飯を入れて猫まんまで1杯。
計3杯いただきました

弁当はおにぎりでなくしっかりおかずが付いていて良かったです。

明日に備えて夜8時に眠りにつきました

IMGP7379.jpg IMGP7382.jpg

立山登山
平成19年7月28日(土)
子供の付き添いで立山登山に行ってきました。
富山県のほとんどの小学6年生は経験してるんじゃないかな?

小学校から室堂までは貸切バスで直行です。
立山有料道路は大型バス1台の通行料がなんと50400円と日本一高い有料道路です。

途中までは薄日も射すまずまずの天気かと思いましたが室堂ではあたり一面霧に覆われてなにも見えません。
それでも雨は降っていなかったのでなんとか登れるのではないかと思いましたが一の越で強い風と雨で飛ばされる恐れがあるために相談の結果中止にしました。

子供たちよりも付き添いの父兄が喜んでいました

子供に山の素晴らしさを見せてやれなくて残念でした。

20070728202357.jpg

烏帽子山登山と北山鉱泉
平成19年7月1日(日)
僧ヶ岳に登ろうと思いましたが土砂崩れに阻まれ急遽近くの烏帽子山に登ってきました。
標高差はあまりありませんがだらだらとけっこう歩きました。

下山後の汗は北山鉱泉の「仁右衛門家」で流して帰りました。

20070718204119.jpg IMGP6494.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。